菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)殺人ど変態ドローン爆誕!怖くない逆に笑えるホラー映画…DRONE/ドローン(感想、結末)

    

殺人ど変態ドローン爆誕!怖くない逆に笑えるホラー映画…DRONE/ドローン(感想、結末)

 

DRONE ドローン

DRONE ドローン

 

映画.comDRONE/ドローンの作品情報より引用

(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

 

みんなドローンって知ってる?

バカにしてんのかって思われそうだけど、一応ね。

この映画は、ドローンが人に牙を剥く映画で、なかなか出来の良いB級映画だ。

個人的には、笑いどころの多いシーンが多くて、B級映画としては楽しめた。

あくまでB級映画として出来が良いということなので、過度な期待は厳禁だぞ。

 

 

キャスト

 アレックス・エッソー

 

クリスジョン・ブラザートン

 

アニタ・ブリエム

 

レックス・リン

 

ニール・サンディランズ

 

サイモン・レックス

 

あらすじ~

 新居で幸せな新婚生活を送るレイチェルとクリス。ある日、クリスが1機のドローンを拾ってきたことをきっかけに、自宅で不可解なことが起こり始める。

レイチェルはクリスのパソコンに隣人女性を盗撮した画像を発見し、身に覚えのないクリスと険悪な状態になるのだった…

 

映画.comのDRONE/ドローンの作品紹介、解説欄より引用

 

解説

 「ゾンビーバー」のジョーダン・ルービン監督が、殺人マシーンと化したドローンが巻き起こす恐怖を、1980年代ホラーへのオマージュ満載で描いたサスペンススリラー。
ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

 

映画.comのDRONE/ドローンの作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、The Drone

上映時間、88分

監督

ジョーダン・ルービン
脚本
ジョーダン・ルービン

ジョン・カプラン

アル・カプラン
製作
アダム・シドマン

ジョーダン・ルービン

製作総指揮

 アナ・リサ・ムラビナ

マリヤ・ザトゥロフスカヤ

イゴール・ツァイ

配給、インターフィルム

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…5/10

キャスト…5/10

 

怖さランク…0/6

 

 個人的評価…5/10

 

  目次へ戻る     

ドローン、レイチとその夫…何故か露出の激しい熟女の隣人

レイチとその夫…何故か露出の激しい熟女の隣人

   

映画.comDRONE/ドローンの作品情報より引用

(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

一文感想 ↓

B級映画としては、満点といったところ…まぁまぁな映画。

 映画としては、そこまで面白くはない。

でもB級好きは、楽しめると思う作品だ。

ちょくちょくB級映画観る自分が思うんだ…間違いない。

 

ドローンを題材にした部分は、とても良かった。

新しい感じがしてね。

どこかリメイク前のチャッキーを連想させる設定は、ホラー好きが反応しそうだ。

 

個人的に残念な点も踏まえつつも印象的残ったのを箇条書きにしてみた。

  

  1. ドローン強そうに感じない。
  2. まさかのドローン対決笑
  3. 冒頭から笑う。
  4. 適度なエロが入るが、どれも控え目。
  5. 終盤のドローンがカッコ良かった。

こんな感じで5つほどある。

 

途中飽きつつも90分以内と尺少なめなので、完走できた感じ。

 

グロさに関しては、グロくない。

途中目を潰されるシーンがあるので、苦手な人は注意が必要だぞ。

 

ラストに関しては、ちょっとB級っぽくなかったラスト。

しんみり系のラストに仕上がっていたぞ。

 

ちょっと変わったホラー映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 2.9

映画.com 3.0

 大体の人は、チャイルドプレイを連想したり、懐かしい80年代の音楽が良いといった意見。

総じてあまり面白くないが、ツッコミどころのある…ある意味コメディという意見がかなり多い。

 

高評価の意見としては…

 スリルがあまりなかった、ドローンが策士

低評価の意見としては…

 テンポが良い、ツッコミどころありまくり

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

ドローンことラムゼー感動の兄との再会

ドローンことラムゼー感動の兄との再会

     

映画.comDRONE/ドローンの作品情報より引用

(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved

ドローンが強そうに感じない。

 ホラー映画としては致命的なんだよなぁ。

そもそも小型のドローンで、ITを駆使してとある家族を追い込んでいく。

その過程は、良かったが…ドローンが人に襲いかかるシーンな。

メッチャ滑稽で、怖いというより笑えてくる。

 

主人公の後ろに忍び寄るドローン。

全く気づかない主人公。

いや気づかないんかーい笑笑

まぁ、爆笑よね。       

     

 

まさかのドローン対決笑

 中途半端にドローン対決が展開される。

ドローン対決始まった時笑っちゃったわ。

笑わせる気でこの監督作ったやろって。

 

もっとしっかりやってくれたら、最高だったのに…

意外と面白いと思ったドローン対決でした。

    

     

冒頭から笑う。 

ドローンで盗撮してるところから始まる。

そして、ドローンが空を飛びつつ映画が始まる。

観てもらえればわかる…あのシュールさ。

正直掴みは、完璧だったと思うよ。

しっかり笑わせてもらったしね。

 

     

適度なエロが入るが、どれも控え目。

随所随所にて適度なエロが挟まれている。

でも、おっ◯いが出てくる訳でもなく、控え目なエロばかりだ。

だだ、意外とエロの割合が多い気がしたね。

4〜3割くらい微エロが挟まれている印象だ。

 

     

特に隣人の熟女がエロかった。

てかさ、お金持ちは家であんな事してんのかなってしみじみ思った。

家の庭でプールに入って、日焼けする為芝生に寝っ転がる。

まるで海とかでやっていることみたいだ。

 

それと主人公の家がいい家すぎて羨ましい。

あれは、俗に言う豪邸では?

ホラー映画なのに家の作りにワクテカしながら…

この家いいなぁなんて思いながら観てしまった。

 

 

レイチたちに襲い掛かるドローン

レイチたちに襲い掛かるドローン

映画.comDRONE/ドローンの作品情報より引用

(C)2019 Bazelevs Entertainment Limited All Rights Reserved  

終盤のドローンがカッコ良かった。

まさかあんな感じになるとは…

超劣化版トランスフォーマー

不覚にもあんな感じのメカメカしてる感じ好きなんだよなぁ。

 

でもさ、早い段階であの感じにしてもらえれば、もっとホラー感出たんじゃね?

  

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 殺人鬼と主人公の繋がりは、まさかの展開だったね。

 

殺人鬼で、ドローンになったラムゼーは、主人公の女性ことレイチと接点があった。

レイチのラジコンのトラウマの相手であり、元カレがラムゼーなのだ。

 

ラジコンをレイチに無理矢理やらせて、うっかり道路に出てしまう。

それでとある家族がビックリして電柱か何かにぶつかり、乗ってた家族が死んでしまう。

それを無理矢理ラジコンを操作させたラムジーが悪いと言いはるレイチ。

ちょっとレイチがキチってる間があるのは置いておいて、なかなか面白い過去だ。

 

意外と…ストーリー展開しっかりしてるんじゃないかな。

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

 レイチ(主人公の女性)

 ラムゼー(レイチの元カノでストーカーなど変態行為をしている)

 

ラムゼーがドローンに乗り移り、その後レイチの夫にも乗り移る。

レイチは、夫と共に新居に引っ越してきたが、元カレのラムゼーのトラウマ(ラジコン操作を強要され、車を事故らせて死なせてしまった事や夜の営み中の撮影行為)に苦しんでいた。

隣人にうつつを抜かし始めてる夫に嫌気がさしつつも、ドローンとなったラムゼーが忍び寄る。

徐々に家庭を壊しつつ、隣人を殺し、レイチが雇った探偵おも殺した。

兄の手助けにより、ドローン進化し、レイチたちに襲い掛かる。

そして、ラムゼーをなんとか倒したと思ったら、夫に乗り移った。

レイチは、なんとか夫を倒すも自分の夫を殺してしまった罪悪感に苛まれていた。 

 


 目次へ戻る