菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)ヘタレ警備員とゾンパイアの攻防戦…ナイトウォッチメン(感想)

鬼滅の刃の無限列車編とアニメシリーズを無料で観る方法を紹介。

無限列車編は、たった一つしかないぞ。

www.kikuhi-movie.com

 

    

ヘタレ警備員とゾンパイアの攻防戦…ナイトウォッチメン(感想)

 

感想評価)ヘタレ警備員とゾンパイアの攻防戦…ナイトウォッチメン(感想)

感想評価)ヘタレ警備員とゾンパイアの攻防戦…ナイトウォッチメン(感想)

 (C)2017 Orama Filmworks.All Rights Reserved

 

ゾンビとヴァンパイアの融合体がヘタレな警備員たちに襲い掛かる。

ヴァンパイア要素がほぼお荷物で、設定の時点でちょっと笑える本作。

Twitter上では、ツボにハマって笑えた!って人もいるぞ。

 

 

キャスト

ケン・アーノルド
ダン・デルーカ
ケヴィン・ジゲッツ
カーラ・ルイス
マックス・グレイ・ウィルバー

 

あらすじ~

不真面目なケンたちが務める警備員の駐車場。

手違いで運ばれてきた怪しげな棺からピエロの姿をしたヴァンパイアが人々を襲い始める。

逃げ延びた女性カレンと合流したケンたちは、襲われてヴァンパイア化した人の群れと戦うことになる。

 

原題、The Night Watchmen

上映時間、79分

監督
ミッシェル・アルティエリ
脚本
ダン・デルーカジェイミー・ナッシュ
音楽
ケヴィン・ケリガン

配給、オラマフィルムワークス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

怖さランク…2/6

 

 個人的評価…6/10

 

 

一文感想 ↓

ゾンビとヴァンパイアの融合!?…まぁまぁな映画。

あらすじを読んで分かる通り、ゾンビとヴァンパイアが融合したらしい。

ただ、なんでゾンビとかヴァンパイアが出てきたかとかその辺はよくわからん。

 

ルーマニアってゾンビの起源だよね?」

 

って言及してたくらいかな笑。

 

因みにほぼゾンビの本作。

ヴァンパイア要素と言えば、弱点と首元を噛むくらいだ。

 

内容は、ビル内に手違いで運び込まれた棺の中にゾンパイアがいて、出てきちゃったって感じだ。

すっごい薄着のビルテナント内の女性たち(若くて美人)

おっ〇いも不自然なくらいポロリする笑。

 

ちょくちょくエ〇も挟みつつ、おバカコントも展開。

笑える人は、結構笑えるぞ!

 

 

ゾンビ×ヴァンパイア設定(ヴァンパイア要素皆無)

ほぼゾンビなので、普通のゾンビ映画と変わらないぞ。

唐突な笑いとエロを挟んでくる。

全体的に後付け感のあるエロと下ネタによる笑いがちょっと寒かったかな…

そこまで怖くないピエロ。

物陰から狙ったように飛び出してくるゾンビは、結構びっくりする。

変わったゾンビ映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.0

映画.com なし

タイトル通りこれB級っぽいな、B級好きだから観てみようかな…って人が期待して観ているようで、意外と高評価。

  • しっかりコメディだった!
  • コメディよりのゾンビ映画
  • 普通に面白かった。
  • 短いしサクッと観やすい。

などなど良い評価。

 

ボスが大したことないって残念評価もあったね。

 

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

協力して戦うヘタレ警備員たち

協力して戦うヘタレ警備員たち

 (C)2017 Orama Filmworks.All Rights Reserved

ゾンビ×ヴァンパイア設定(ヴァンパイア要素皆無)

本作は、ゾンビとヴァンパイアが合わさった化け物。

ゾンビ要素8割、残りヴァンパイア。

てか、ヴァンパイアの特徴がデメリットしか継いでないんだよな笑。

 

見た目がモロゾンビで、最近のゾンビらしく走る。

最初の感染者っぽいピエロのゾンビがちょっと強いかなって感じで、あまり強そうではない笑。

 

そもそもの疑問として、どうしてヴァンパイアが絡んできたかは、よく分かっていない。

なんとなく、そうしたら面白そうって理由だろうね笑。

 

ほぼゾンビなので、普通のゾンビ映画と変わらないぞ。

 

 

唐突な笑いとエロを挟んでくる。

下ネタ的な笑いとエロをちょくちょく挟んでくる。

舞台となっている会社の女性社員の薄着&露出度の高い服。

ヘソだしミニスカとか事務仕事する服じゃないだろ笑。

 

ゾンビに襲われている時、服が綺麗に引き剥がされて、胸が出てきたのは笑った。

 

あまり笑えない下ネタを挟んでくる。

人によってはこれって笑えるのかな??なんて疑問に思いながら見ていた。

こう書いている今もあまり印象に残っていないほどなので、大した笑いではない。

 

ただ、ちょっとした漫才のような笑いもあるので、そこは楽しめた。

 

全体的に後付け感のあるエロと下ネタによる笑いがちょっと寒かったかな…

 

 

そこまで怖くないピエロ。

夜中に化け物みたいなピエロが登場する本作。

本当ならクッソ怖いはずが、あまり登場シーンがないのと演出的にそこまで怖くないという悲しみ。

このピエロには期待していたんだがなぁ。

 

会社の建物でのゾンビとの攻防戦は、面白かった。

物陰から狙ったように飛び出してくるゾンビは、結構びっくりする。

意外とゾンビの作りもしっかりしているし、血もかなりドバドバでる。

銃の腕前カスな警備員が意外と良い肉体なんだよな。

ピエロよりもそっちの方が迫力あったかな。

 

オチは、かなりアッサリしている。

 

 

 

 

「ナイトウォッチメン」のTwitter上での反応

Twitter上では、ツボにハマって笑えた、面白かったと感じる人が多かった模様。

B級好きには、特にハマるかもしれないぞ!?