菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)最凶ママたちが襲来だ!…Netflix映画バッド・ママのクリスマス(感想、結末)

    

最凶ママたちが襲来だ!…Netflix映画バッド・ママのクリスマス(感想、結末)

 

バッド・ママのクリスマス

バッド・ママのクリスマス

IMDbバッド・ママのクリスマスの作品情報より引用

 (C)2017 A Bad Moms Christmas Netflix.All Rights Reserved

 

バッドママの続編、バッドママのクリスマス。

学校での話は一切なく、あるのはクリスマス数日前の話でエイミーたちの母親が出てくる。

その母親がなかなか癖のある人たちとなっている。

そのバットママのクリスマスの感想をどうぞ。

 

 

キャスト

ミラ・クニス


クリステン・ベル

 

キャスリン・ハーン

 

クリスティーン・バランスキー

 

シェリル・ハインズ

 

スーザン・サランドン

あらすじ~

 ストレスで爆発寸前のママたち、エイミー、カーラ、キキが帰ってきた!

クリスマス目前のこの時期に、3人の母親たちもやって来て、キレるのも時間の問題!?

 

ネットフリックス公式サイトのバッドママのクリスマス作品紹介、解説欄より引用

  

解説

 子育てに疲れたママたちの暴走を描いたコメディ「バッド・ママ」の続編。
エイミー役のミラ・クニス、キキ役のクリステン・ベル、カーラ役のキャスリン・ハーンら前作のメンバーが再結集するほか、スーザン・サランドンシェリル・ハインズらが新たに参加。前作に続き、ジョン・ルーカス&スコット・ムーアが監督・脚本を手がけた。

 

映画.comのバッドママのクリスマス作品紹介、解説欄より引用

   

原題、A Bad Moms Christmas

上映時間、 104分

監督

ジョン・ルーカス
スコット・ムーア
脚本

ジョン・ルーカス
スコット・ムーア
製作

スザンヌ・トッド
製作総指揮

ビル・ブロック
ワン・チョンジュン
ワン・チョンレイ
フェリス・ビー
ドナルド・タン
ロバート・シモンズ
アダム・フォーゲルソン
オーレン・アビヴ

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…7/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

エイミーと母のルース

エイミーと母のルース

IMDbバッド・ママのクリスマスの作品情報より引用

 (C)2017 A Bad Moms Christmas Netflix.All Rights Reserved

この映画のママさんはどいつもこいつもぶっ飛んでる気がするよ…面白い映画。

前作のバッドママ程の笑いやぶっ飛び具合が無いにしろ、十分笑えて楽しめた。

ただ、前作のバッドママの方が面白いね。

今回のバッドママのクリスマスでは、エイミーとキキとカーラのお母さん方が出てくる。

クリスマス中にお母さん方が急に家に押しかけてくるというお話で、学校の話は一切出てこない。

学校絡みというより、母親とおばあちゃんの関係性をテーマにしていた。

チラっとケニーGが出演しているぞ。

 

バッドママのお母さんも癖が強かった…

一番の見所は、エイミーとキキとカーラのお母さん方との絡みだ。

 

笑い要素は、前作より少ないのが残念

前作よりも笑いとぶっ飛び具合が少ない。

学校での話もないので、お母さんあるある感もかなり減少しているぞ。

 

カーラの子供が一番可愛いわ

バター直食いだったり、素直だったりとカーラの子供が一番可愛らしく感じるぞ。

 

面白いコメディ映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.6

映画.com 3.2

前作より少し評価が下がった今作。

前作よりも面白くないと感じた人が多数いるものの、面白いことには違いない。

このシリーズの見所のハメ外す所がちゃんとあったため、多少低くなった程度に収まった模様。

 

高評価の意見としては…

ハメ外すシーンが好き、

低評価の意見としては…

下ネタが前作よりキツイ

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓     

キキとその母のサンディ

キキとその母のサンディ

IMDbバッド・ママのクリスマスの作品情報より引用

 (C)2017 A Bad Moms Christmas Netflix.All Rights Reserved

バッドママのお母さんも癖が強かった…

バッドママのクリスマスっていうタイトルだけあって、クリスマスの日がメインのお話。

一番の見所は、エイミーとキキとカーラのお母さん方との絡み。

どのお母さんも癖が強くて、面白い。

実際こんなお母さんだったら、絶対いやだけども…

そのお母さんとエイミーとキキとカーラの絡み、お母様方の絡みが特に笑える。

今回は、前作程ぶっ飛んでいないので、笑い少な目だが、とても笑えたのは確かだ。

     

 

カーラとその母のアイシス

カーラとその母のアイシス

IMDbバッド・ママのクリスマスの作品情報より引用

 (C)2017 A Bad Moms Christmas Netflix.All Rights Reserved

笑い要素は、前作より少ないのが残念

今作は、前作のバッドママと比較して笑い要素が少なく感じた。

前作のようにぶっ飛んでる感じも比較的少ないので、全体的に質が落ちたように感じたのがとても残念。

だからと言って、笑えないわけではない。

ちゃんと笑える箇所もたくさんあるし、エイミーのお母さんのヤバさ加減もかなり良かった。

さながら鬼姑と奥さんって感じだったね。

 

特に狂気を感じたのがキキのお母さん。

あれは、ヤバいね。

鳥肌たっちゃったよ。

話の通じなさと終始笑顔から繰り出される周りを凍り付かせる行動は、とても良かった。

         

 

カーラの子供が一番可愛いわ。

2作品通してカーラの子供が一番可愛いんじゃね?って思った。

そう思う理由はこちらだ。

  1. 毎年同じグローブで喜ぶ。
  2. タッパでも喜んじゃう。
  3. お母さんが男と良い感じになっても暖かく見守ってくれる。
  4. 見た目が熊さんっぽい。
  5. 終始穏やか。

 

5年か6年くらい同じグローブあげてるのは、さすがに可哀そうって思ったよ笑

気付かない方もあれだけどね。

てか、あの歳でサンタさんを信じてるとか可愛すぎだろうよw

「おかあさん、タッパもらったよ!(*'ω'*) 」

いいのか?タッパだぞ??

安上がりにも程があるだろう。

 

お母さんが男性のストリッパーとチュッチュし始めても暖かく見守ってくれる。

グレないの凄いよな…

個人的に思うことなんだが、見た目がちょっと熊さんっぽい。

なんだか…可愛らしいフォルムだよね。

そして、最後に穏やかなんだよ。

グレないし、反抗もしないとか良い奴すぎるだろ。

近くにこんな友達いたら絶対友達になりたいわ。

前作ではバターをそのまま食うとか言ってたし、絶対友達にしたら面白いと思う。

 

シリーズ通して、断トツでこの子が可愛いよなぁ…

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

ラストは、おばあちゃん達が仲良くなるのはほっこりするよね。

ラストおばあちゃん達が仲良くなり、一緒に新年をラスベガスで祝う事になった。

お母さん方とおばあちゃん方が仲良くなったし、おばあちゃん方でも仲良くなったし万事解決。

コメディは、最後も楽しく笑って終われるのが良いよね。

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

エイミー・ミッチェル(主人公)
ルース(エイミーのお母さんで完璧主義者)

キキ(3児の母でちょっと抜けてるところがある)
サンディ(キキの母でキキが大好き)

カーラ・ダンクラー(一人息子を持つシングルマザー)
アイシス・ダンクラー(カーラのお母さんでギャンブル依存症

 

お母さんたちと和解した。

 クリスマスの数日前に各人のお母さんが襲来。

好き勝手エイミーたちを振り回す。

エイミーは、最初ルースの完璧主義の擦り付けを我慢していたが、我慢が限界に達し、母のルースを永久に追い出す。

キキは、サンディが自分の隣に引っ越してきたことに嫌気を刺し追い出す。

アイシスは、自分がここにいるべきじゃないと感じ、出ていく。

エイミーたちのお母さんたちはクリスマスイブの前日に教会に何故か集まってしまい、仲を深める。

エイミーは、父からいつも母に自分がちゃんと良い母親かって聞いていることを聞いて驚き、自分が追い出してしまったことを後悔。

エイミーは、母の元へ行き、仲直り。

みんなで楽しい楽しいクリスマスを過ごした。

 


 目次へ戻る