菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)魔法のクッキーで動物に変身だ…Netflix映画 アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜(感想、その他)

    

魔法のクッキーで動物に変身だ…Netflix映画 アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜(感想、その他)

 

 アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜

アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜

ネットフリックス公式サイトの アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜の作品情報より引用

 (C)2020 Blue Dream Studios Spain Netflix.All Rights Reserved

 

予告編、あらすじをみたら「クッキーを食べたら動物になっちゃった!」なんて面白い設定の映画だった。

IMDbでは、そこまで評価は高くないものの、個人的には面白かった作品。

サーカスと動物って何処かSingみたいで興味を惹かれるよね。

目次

 

 

 

キャスト

ジョン・クラシンスキー
エミリー・ブラント
イアン・マッケレン
ダニー・デヴィート
シルベスター・スタローン
レイヴン・シモネ
パトリックウォーバートン

あらすじ~

 食べると動物に姿を変えられる不思議なクラッカーを手に入れたオーウェン。愛する家族とかたむきかけたサーカス団を救うため、悪事をたくらむおじに立ち向かう!

 

ネットフリックス公式サイトのアニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、Animal Crackers

上映時間、105分

監督

スコット・クリスチャン・サヴァ
トニーバンクロフト
脚本
スコット・クリスチャン・サヴァ
ディーン・ローリー
製作
スコット・クリスチャン・サヴァ
ジョージ・リー
マーカス・イングルフィールド
ジェイミー・トーマソン
ハイメ・マエストロ
ナタリー・マルティネス

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…7/10

キャスト…7/10

 

 個人的評価…8/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

オーウェンとゾーイ夫妻と子供

オーウェンとゾーイ夫妻と子供

ネットフリックス公式サイトの アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜の作品情報より引用

 (C)2020 Blue Dream Studios Spain Netflix.All Rights Reserved

王道ストーリーに色んなオリジナリティが合さったファミリー映画…面白い映画。

 ジャンルとしてはコメディ作品のこの映画。

クッキー食べると動物に変身できちゃう面白設定から悪役、わき役共に魅力的なキャラクターに溢れている。

ストーリー展開は、王道な感じであるが、その他の部分がオリジナリティあって面白かったので、個人的にはネトフリ配給映画として大当たり映画にはいるぞ。

 

一人でも楽しめるし、家族みんなでも楽しめる良い作品だと感じた。

だが、魔法のクッキーの事やサーカス団がやけに心が広い感じなど人によっては、ツッコミどころが多いと感じてしまうだろう。

まぁ、個人的にコメディ作品なのでこの辺はあんまり気にしていないんだがね。

 

終始飽きることなく、観られたので、とてもオススメなアニメ映画だ。

 

色んなオリジナル部分が面白い。
敵味方のキャラクター性がとてもユニークで良かったこととストーリー、主人公の家族が暖かいことが特に面白いぞ。

温かい世界は、落ち込んでる時や家族と観るにはピッタリなこの作品。
ストーリーが暖かいし、サーカスや喋る動物など落ち込んでる時、家族で観るにはピッタリな要素だ。

あのクッキーめっちゃほしいわ。
ゴリラとか象とかにも慣れるんだぜ…

 

 

ファミリー向け映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス なし

映画.com なし

 項目がありませんでした。

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓      

ピエロのチェスターフィールド

ピエロのチェスターフィールド

ネットフリックス公式サイトの アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜の作品情報より引用

 (C)2020 Blue Dream Studios Spain Netflix.All Rights Reserved

色んなオリジナル部分が面白い。

主にキャラクターやこの世界の雰囲気が他の3Dアニメとは違う感じがしている。

「サーカス団の人達の心の広さや悪役の憎めなさとか…なんだかまた観たくなる映画だったわ。」

 「ブロックとか中途半端な悪役とかいるけど、個人的にズッキーニが一押しですわ笑」

大体大きく分けると2つで、敵味方のキャラクター性がとてもユニークで良かったこと。

ストーリー、主人公の家族が暖かいこと。

もっと詳しく書くと…

   

  1. 敵さんが憎めない奴ばかり。
  2. 敵のズッキーニが良いキャラしてる。
  3. 主人公のボブたちの性格と家族たちの感じが他とは違う。
  4. わき役も弾丸男やピエロのチェスターフィールドなど魅力的なキャラが多い。
  5. 魔法のクッキーで動物に変身できる面白い設定。

1~4を説明していくぞ。

敵さんが憎めない奴がばかりなんだ。

ズッキーニを筆頭に主人公の叔父やその手下たち、主人公の嫁の父の会社をコッソリ狙うブロックとどいつもこいつもどこか憎めない奴ばかり。

憎めないって思う理由は、単純。

どこか抜けてるんだよね。

この作品自体コメディ調なのもあって、敵の動きや色んな行動がコメディチック。

なんだかんだで…一線を越えようとするとメッチャ後悔しちゃうんだよね。

この辺は、ファミリー向けって感じで、一人でみても飽きずに観られるぞ。

 

その中のズッキーニのキャラクターが特に好き。

何故かボスである叔父よりも偉そうなズッキーニ。

堂々と失敗したことを報告する感じとか笑えるところがたくさんある。

 

大体ピクサーとかディズニーだと終盤絶対と言っていいほど家族で喧嘩したり、相棒役と喧嘩するよね。

この映画は、それが殆どない。

個人的にそういう喧嘩シーンは、あんまり好きじゃない…喧嘩自体好きじゃない自分にとっては、とても良いと感じたね。

終始暖かいんだよ笑

 

敵以外のわき役…サーカス団の人達もいいキャラクターしている。

特にチェスターフィールドっていう主人公を小っちゃい頃から見守ってたピエロさん。

いっつも笑わせようとしていて、怒るってことをしない。

他にロケットマン

尋常じゃない数の骨折をしているらしい笑

所々良いこと言ったり、行動する…しかも海外の声優は、シルベスター・スタローンとか笑っちゃうよね。

他のサーカス団もみんな個性豊かで印象的な人達ばかりなんだ。

 

やっぱり大本のクッキー食ったら、変身できる設定が一番オリジナリティあるよね。

って言ってもこれには原作があるみたいなんだけど…

そのクッキーを食べることによって、色んな動物や海の生物に変身出来ちゃったりする。

それを巡って色んな争いが起きちゃう。

この設定の使い方がなかなかうまいと感じるよ。

特にサーカスシーンは、面白かった。

あれは、個人的に観たいって思っちゃったよ。

 

   

 

温かい世界は、落ち込んでる時や家族と観るにはピッタリなこの作品。

 この映画は、落ち込んだ時や家族で観るのにピッタリな映画。

まぁ、主人公とその奥さんのチューするシーンがちょくちょくあって、家族で観たらちょっと気まずくなっちゃうが…

それでも家族の絆や内容が明るい感じとピッタリな部分が多い。

 

元々の舞台がサーカスだからね。

子供とかがとても喜びそうなんだ。

それに喋る動物とか子供もさることながら、大人だって好きだろう?

ドクタードリトルとか大好きだもん笑

 

一人で観るのもいいが、この感じなら…恋人同士で観るのにもピッタリだぞ。

         

 

あのクッキーめっちゃほしいわ。

謎の怪しげな箱の動物等の形をしたクッキーを食べると変身できる。

メッチャ喰いたいよね。

ネコ科になって高いところから落ちて、着地したりジャンプして観たいわ。

あと、ゴリラね。

あの腕力と握力を堪能したい笑

握力500kgとかあるらしい。(推定)

 未知だよね、気になるよね…

 

と色んな動物になって、その動物の能力を試してみたい!なんて思いながら、この映画を観てました。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

最後ブロックどうなったんだ?

主人公の嫁の妻の父とマントヒヒの姿のまんまでサーカスを観ていた。

それ以降一切でてこないブロック。

元の姿に戻れたんだろうか…

確かに悪い奴だったよ?でも、遊び心が過ぎるって感じで、悪だくみ…まぁ、社長の座を狙っていたっぽいけども…

悪い奴ではないはずだ。

 元の姿に戻れたのかどうかが気になった終わり方だ笑 

 


 

原作とその他トリビア

実際の書籍があるようで、監督のスコットクリスチャンサバが2人の子供のために書いたグラフィックノベルなのだそう。

出版してるかとか題名とはは調べても出てきませんでしたね。

 

次にトリビアですね。

 

・アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜トリビア1)主人公の夫婦のゾーイとオーウェンの中の人は…  

エミリーブラントとジョンクラシンスキーは、実は実生活でも夫婦なんですよね。

実際のシーンでも息がぴったりだったのもうなずける…

 

・アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜トリビア2)ロケットマンの声優について

シルベスター・スタローンが声優をしていますが、実はドウェイン・ジョンソンになる予定だったんだとか。

どちらにせよ、筋肉俳優を起用予定だったんですね。

 

・アニマルクラッカー 〜まほうのサーカス〜トリビア3)ピザの車について

最初の方に出てきた…主人公たちがサーカス団に引き返す時に出会ったあのピザの車のピザ店の名前覚えてますか?

Joey's House of Pizzaという名前で、実は実際にあるピザ店なんです。

ググってみると出てきます。