菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)カンボジア大虐殺の悲惨さ…Netflix映画最初に父が殺された(感想、結末)

    

カンボジア大虐殺の悲惨さ…Netflix映画最初に父が殺された(感想、結末)

 

最初に父が殺された

最初に父が殺された

ネットフリックス公式サイトのバリーの作品情報より引用

 (C)2017 First They Killed My Father Jolie Pas Netflix.All Rights Reserved

クメール・ルージュ政権で起こった大虐殺の話。

当時の悲惨な現状をみっちりみせるので、落ち込んでいる時、精神的にくるものがある。

あまり当時の事を説明しないので、事前に調べておかないと十分楽しめないぞ。

 

 

キャスト

サリウム・スレイモック

 

ポーン・コンペーク


スベン・ソチェアタ

あらすじ~

 カンボジアで急速に支持を集めたクメール・ルージュ支配下で行われた大虐殺。

5歳の少女が過酷な運命に巻き込まれつつ、生きていく様子を描いた壮絶なドラマ。

 

ネットフリックス公式サイトの最初に父が殺された作品紹介、解説欄より引用

 

解説

アンジェリーナ・ジョリーが監督・脚本・製作を手がけ、クメール・ルージュ支配下カンボジアで過酷な少女時代を送ったルオン・ウンの回想録「最初に父が殺された 飢餓と虐殺の恐怖を越えて」を映画化したNetflixオリジナル作品。

Netflixで2017年9月15日から配信。

 

ネットフリックス公式サイトの最初に父が殺された作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、First They Killed My Father

上映時間、136分

監督
アンジェリーナ・ジョリー
脚本
ルオン・ウン
アンジェリーナ・ジョリー
原作
ルオン・ウン
『最初に父が殺された 飢餓と虐殺の恐怖を越えて(英語版)』
製作
アンジェリーナ・ジョリー
リティ・パニュ
テッド・サランドス
マイケル・ヴィエイラ
製作総指揮
サラ・ボウウェン
Pauline Fischer
マドックス・ジョリー=ピット
チャールズ・J・D・シュリッセル
アダム・ソムナー
ルオン・ウン

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

配給を待つルオン…あれ?刑務所??

配給を待つルオン…あれ?刑務所??

ネットフリックス公式サイトのバリーの作品情報より引用

 (C)2017 First They Killed My Father Jolie Pas Netflix.All Rights Reserved

カンボジア大虐殺の悲惨さを伝えているが分かりづらい…まぁまぁな映画。

カンボジア大虐殺というクメール・ルージュ政党の独裁化に起こった悲惨な事件。

2時間以上の尺を使い、その事をこれでもかと言うくらい伝えている。

言うまでもなく実話なんだ。

特に主人公の少女の表情が印象的で、何が起きても目の前で他人が死んでも無表情。

今でも忘れられない…観ておくべき作品。

 

だが、映画として面白いか、分かりやすいかと言えば、個人的にはわかりづらい。

ベトナム戦争カンボジア大虐殺について知ってることが前提条件なので、予習した方が良い。

それに加え、妄想シーンやシーンの移り変わりが一部分かりづらかった。

 

作品としては良かった故、とても残念だった。

 

カンボジアクメール・ルージュの悲惨さ。

餓死や過労死、戦死などでカンボジアの4分の1が亡くなったカンボジア大虐殺の悲惨さ。

生きながら、死んでいるようでかなり印象的だったね。

 

色々と分かりづらい。

シーンの移り変わりや妄想シーンとそれ以外のシーンなど分かりづらい部分があるぞ。

 

そもそも放題がおかしい件

父死んでなくね?安否不明だと思うし、明らかに最初に死んだの父じゃないけど…

 

 

実話映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.6

映画.com 3.2

みんな一様に言えることは、事前に知識がないと厳しいということ。

その辺の諸事情の説明が無いのが辛い。

結構少女の演技が良いって感じてる人が多いようだ。

 

高評価の意見としては…

 少女の演技が良い

低評価の意見としては…

 知識がないと置いてかれる

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓

何を思う…ルオン

何を思う…ルオン

ネットフリックス公式サイトのバリーの作品情報より引用

 (C)2017 First They Killed My Father Jolie Pas Netflix.All Rights Reserved

カンボジアクメール・ルージュの悲惨さ。

こんな悲惨な事がありました。

そういう勉強の為の映画。

そういう点においては、観ておいた方が良い。

 

餓死や過労死、戦死などでカンボジアの4分の1が亡くなったんだ。

その悲惨さは、この映画が嫌と言う程伝えている。

特にそのように感じるのは、主人公の少女の表情。

どんな事が起きようとも基本無表情。

生きながら死んでいるような感じなんだよね。

これがどうしても頭から離れてられない。

 

主人公達が行き着いた先は、刑務所の囚人以下の生活。

倒れても国外の薬は貰えずに野垂れ死んだり、過労死などする人が多数…

人権など存在しない恐ろしい世界だった。

 

ただ、時代背景がほとんど説明されないのが難点。

クメール・ルージュの事やベトナム戦争南ベトナム北ベトナムの関係性を事前に勉強する必要があるんだ。

これが、なかなかなボリューム…

       

     

 

色々と分かりづらい。

個人的にまぁまぁと思ったのは、この部分が大きい。

観ていて分かりづらいという事。

どの部分が分かりづらいかは、下記のようになってる。

 

  1. 途中のシーンが妄想シーンなのかどうか分かりづらい。
  2. シーンとの間の時系列が急に飛ぶ。
  3. カンボジアの内戦…ベトナム戦争の知識ありき。

と主にこの3つだ。

 

急に悲惨なシーンに移り変わり、また元のシーンに戻る。

そういったカットがいくつもある。

一部これは、妄想なんだろうなぁっておもうんだが、大体がよく分からなくなる。

それに付随してシーンとの間で急に違う所に移動してるって事がある。

要は場面転換。

その部分の繋ぎ方が下手くそなんだ。

基本ジャングルだったり畑だから、あんまり区別がつかない。

プラス主人公の妄想も挟むから、何がなんだか…

 

映画としては、まぁまぁだと感じたね。

         

 

そもそも放題がおかしい件

放題の「最初に父が殺された」…

いや、最初父じゃねぇしw

最初に父が殺されていない上、父が死んだかどうかが不明。

死んだ可能性がかなり高いってだけなんだよね。

邦題が嘘のネタバレしているとは思わなかった。

なんで、この邦題にしたのだろうか…

この点もまぁまぁと評価をつけた要因の一つだ。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

最初に死んだの父じゃなく、姉じゃね?

一番上の姉と兄が戦地に行ってしまった。

それで、姉が瀕死になっており、その後、兵士から何か言われて泣き崩れる母。

直接的に死んだと言われてないが、あのシーンで死んだんだなって分かる。

その時、父は普通に労働中。

みんなと一緒にね。

その後、橋を作る人員として駆り出されたっきり戻ってこない。

 

多分戻って来ない=死んだって表現なんだろうけど…

そもそも姉が最初じゃないか!

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

 ルオン(主人公)

 

ルオンと兄と弟、妹だけがなんとか助かった。

突如、クメール・ルージュ政党に襲われ、家を追い出される。

行き着いた先は、囚人以下の生活。

最初に姉が死に、父が橋を作りに行ったっきり戻ってこない。

母は、子供達に違う方向に走って逃げろと言う。

そこで、ルオンは兵士となり、ベトナム兵の強襲に遭い、保護された。

だが、結局また襲われてしまい、逃げている最中に他の兄弟達にあった。

そうしていると、戦争…クメール・ルージュ政党は倒れていたのだった… 

 


 目次へ戻る