菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)整備士が主人公のアクション&カーチェイス盛沢山映画…Netflix映画ロストブレット窮地のカーチェイス(感想、結末)

    

整備士が主人公のアクション&カーチェイス盛沢山映画…Netflix映画ロストブレット窮地のカーチェイス(感想、結末)

 

ロストブレット窮地のカーチェイス

ロストブレット窮地のカーチェイス

IMDbのロストブレット窮地のカーチェイスの作品情報より引用

 (C)2020 Balle perdue Netflix.All Rights Reserved

この映画も外れかな〜

そんな感じで!なんとなく観てみたら…

なんと、とても面白かった!

アクションもかなりあり、カーチェイスも見応えある。

クライマックスは、自分好みのぶっ飛び具合だったぞ。

 

 

キャスト

ニコラドゥヴォシェル


アルバンレノア


ロッドパラ


ドットランジーベディアステ


フィセルマ

あらすじ~

殺人犯に仕立てあげられた前科者の自動車整備士が、身の潔白を証明する方法はただ一つ。

消えてしまった車に残されているはずの、真犯人の銃弾を手に入れること。

 

ネットフリックス公式サイトのロストブレット窮地のカーチェイス作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、Balle perdue

上映時間、92分

監督

ギヨームピエール

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…7/10

キャスト…5/10

アクション迫力度…4/6 

 

 個人的評価…8/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

リノ

リノ

IMDbのロストブレット窮地のカーチェイスの作品情報より引用

 (C)2020 Balle perdue Netflix.All Rights Reserved

アクションの質が高くて満足…面白い映画。

カーチェイス、アクション共に量、質、迫力とも個人的には合格点。

内容は、ありきたりで特にひねっているとかそういうのはない。

まぁ、アクションメインな作品なので、破綻していなければ、個人的にはokだと思ってる。

主人公が異様に強いのはさておき…クライマックスも良い意味でぶっ飛んでて、満足できた作品だ。

 

カーチェイスあり、アクションありでアクション好きには当り作品。

終盤のカーチェイスシーンは、盛り下がりなくとても良かったし、アクションも良い感じのクオリティだ。

 

ラストのカーチェイスめっちゃ良かった!…まさに窮地のカーチェイス

大胆さに加え、途中のアイデアの面白さ、見せ方による迫力ともにとても満足いくクライマックスだ。

 

整備士さん異常に強い笑…警察の弱さときたら笑
 このリノって主人公絶対何か特殊な訓練してるやろ。

 

 

アクション映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第、書いていきます。

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

カーチェイスあり、アクションありでアクション好きには当り作品。

見終わった率直な感想は、これだ。

アクションが好きな自分がこう思う。

結構、ネトフリ配給のこの手の映画は、ハズレが多いんだが、今回は違った。

 

  1. 終盤のカーチェイスが良い。
  2. 途中にあるアクションシーンが意外としっかり作られている。
  3. 車が吹っ飛ぶ!意外と金がかかってて、迫力あり。

個人的にアクション、カーチェイスについて思ったことは、この3つ。

 

終盤のカーチェイスシーンは、盛り下がりなくとても良かった。

詳しくは、次の項目でかくぞ。

途中にあるアクションシーンの出来が予想以上に良かったんだよ。

警官達とリノの戦い、途中にある細々とした戦闘。

結構アクションシーンのボリュームもある。

比率で言えば、カーチェイスが3割、アクションが7割程。

カーチェイスについては、終盤が殆どを占めているぞ。

車が結構廃車レベルでクラッシュするシーンがある。

どのくらいの予算かは分からなかったが、結構な台数廃車にしてるし、フランス?の街をカーチェイスしたりと意外とお金がかかってる。

 

他の作品と比較してしまったら、見劣りしてしまうかもしれない。

だが、ネトフリ配給の映画の中ではかなり良い方だ。

 

       

     

 

ラストのカーチェイスめっちゃ良かった!…まさに窮地のカーチェイス

ラストのカーチェイスは、ホント良かったと思うよ。

整備士のリノが突貫工事で作ったであろう、魔改造の証拠品の車。

あれで、街中をカーチェイスするとかなかなかぶっ飛んでて面白い。

あのアイデアは、かなり良かった。

あの魔改造したクルマのアイデア

これ言っちゃうと面白味が半減しそうだから言わないが、観てる最中笑ったよ。

イメージ、ワイスピの大胆さとマッドマックスの世紀末感。

終盤もその状態で走らすの?って状態で走らしていた。

 

いいぞぉ、そのぶっ飛び具合。

好きだわ。

 

大胆さに加え、途中のアイデアの面白さ、見せ方による迫力ともにとても満足いくクライマックスだ。

         

 

整備士さん異常に強い笑…警察の弱さときたら笑

このリノって主人公絶対何か特殊な訓練してるやろ。

そう思わせるほど強い主人公。

囲まれたって倒せる謎の腕っ節の強さ笑

からしイカついけどさ…

 

それに付随して、警官が弱い事弱い事…

タクシーシリーズでもそうだけど、フランスあたりの警官ってなんでか弱いイメージがある。

この映画でもそう。

めっちゃ弱い笑

 

 

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

クライマックスのカーチェイス最高!

あの前側にモリみたいなのつけた証拠品の車。

何すんだろって思ったら、車の後ろのシャーシに引っ掛けて、後輪外す。

 

笑ったわ。

 

それで、制御不能になった車を盾に封鎖してるところを突っ切る。

こういうの好き。

車の荒技で改造した感じとこの脳筋思考が最高に好き笑

 

その後、証拠品で爆走するも後ろ燃やされて爆破の危機。

だが、この主人公、そのまま火を消さないで、そのまま警察に燃えたまんま突っ込む。

良いねぇ、その荒技感。

とっても好感がもてますよ。

 

結果

このクライマックス、最高やな。

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

リノ(主人公で整備士)

 

警官アレスキを追い詰め、無事リノの潔白を証明。

リノは、警官で相棒とも言うべき人がアレスキ達に目の前で殺された。

警察に捕まり、脱走、証明の車が燃えた状態で発見されるも、それはダミー。

なんとかアレスキとの場にいた弟に連絡したところ、弟が隠していた。

その車をとりにいこうとするも、目の前で弟が殺された。

仇を取り、近くに証拠品の車を発見。

その車を魔改造して、警察までカーチェイスし、無事リノの潔白が晴れた。

 

 


 目次へ戻る