菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)リーアムニーソンの96時間みたいな映画…Netflix映画内なる獣性(感想、その他)

    

リーアムニーソンの96時間みたいな映画…Netflix映画内なる獣性(感想、その他)

 

内なる獣性

内なる獣性

ネットフリックス公式サイトの内なる獣性の作品情報より引用

 (C)2020 La belva Netflix.All Rights Reserved

 あらすじがかなりドンピシャに好きな映画。

元特殊部隊が娘を誘拐されて、敵組織を追い回すんだよ??

どこぞのステイサムが主人公なんじゃないかと思うレベルのあらすじ。

この映画の主人公もハゲだし。

かなり期待大の作品で、面白いかどうかは……

 

 

 

キャスト

ファブリツィオ・ジフーニ
リノ・ムゼーラ
モニカ・ピゼッドゥ
アンドレア・ペンナッキ
エマヌエーレ・リンファッティ
ニコロ・ガラッソ
ジャコモ・コラヴィト
ジャーダ ・ガリアルディ
ジャンマルコ・ヴェットーリ
シルヴィア・ガレラーノ
マッシミリアーノ・セッティ

あらすじ~

 トラウマに苦しむ元特殊部隊員の愛娘が誘拐される。父親は自ら誘拐団を追い始めるが、内なる獣を解き放したことで、いつしか容疑者として追われることに。

 

ネットフリックス公式サイトの内なる獣性作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

原題、The Beast(イタリア語:La belva)

上映時間、99分

監督

 ルドヴィコ・ディ・マルティー

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

B級映画の元凄腕○○アクション作品…まぁまぁな映画。

 元伝説の殺し屋とか軍人、CIAなど色んな凄い肩書を持った主人公系のアクション。

この映画のうりって、その主人公が凄いアクションしたり、敵が震え上がる様が良かったりするんだよね。

ジョンウィックとか愛犬殺したマフィア一味を皆殺しにしちゃうほど。

その時の震え上がり方と言ったら、最高だったんだよ。

 

それで、この映画はというと、その良さを一切使っていなかったんだ。

アクションも何処か中途半端になってしまったし、設定もリーアム・ニーソンの96時間風にしたのは良かったが、ただの劣化版となってしまった。

ただ…B級映画ならではのツッコミどころがあって、笑えたのは確かだ!

 

 リーアム・ニーソン主演の96時間っぽいと感じた理由。
家族構成と大本の設定がかなり似ているので、自分以外にも96時間っぽくね??なんて思った人がいるに違いない。
アクションの質は、あまり高くはないんです…
あらすじから見る通り、リーアム・ニーソンの96時間やジェイソンステイサムのポーカーとかの映画を期待して観る場合は、かなりハードルを下げた方が無難だぞ。
所々笑えたのは良かった。
 B級映画のツッコミどころのある展開で笑ってしまう感じの笑いだ。

元凄腕の〇〇系主人公の映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

リーアム・ニーソン主演の96時間っぽいと感じた理由。

あらすじを読んでから、冒頭の30分くらい観て思ったことがこれ。

「リーアムニーソン主演の96時間じゃないか!」    

 

似ている箇所)

  1. 主人公が元〇〇。
  2. 娘が誘拐される。
  3. 家族構成と離婚歴。
  4. 主人公がなかなかしつこい。
  5. 警察が使えない。

 5か所くらい似ている点があるんだよね。

もうここまでくると似せてるだろ!?と思わざる終えないね。

 

主人公が元〇〇というのは、96時間は元CIA。

この内なる獣性は、元軍人なんだ。

どちらもそれなりに凄腕という感じで、当時の仲間とかを使うあたりもそっくりだった。

娘が誘拐される。

どちらも一緒だし、誘拐した目的まで一緒。

まぁ、年齢は全然違うし、誘拐されてしまった経緯も違うんだけど、大本は一緒となっているんだ。

家族構成は、まんま一緒。

娘と息子がいて、妻とは離婚している。

どちらも一緒で、違う点と言えば、年齢設定がかなり違うかな。

主人公がしつこいのは、これ系の映画の醍醐味だし似ていていいかとは思う。

警察が使えないのは、元〇〇系の人が活躍する映画では、定番中の定番。

 

個人的には、展開と大本の設定がかなり似ている時点で、影響を受けてるよね?と言いたくなってしまう。

    

 

アクションの質は、あまり高くはないんです…

 96時間と比べるとアクション自体の質は、低い。

そもそもこの映画主人公自体強そうじゃないんだよね。

そこが一番残念であった。

 

素手でのアクションは、そこそこあるもののかなりの泥仕合

複数人倒すが、辛勝と言った感じで、観ているこっちが心配してしまいそうな感じだ。

銃を使うシーンは、何故か殆どないという不思議な映画。

終盤にやっと銃を持って戦いに挑むんだが、そもそも論でもっと早くに使っていれば、絶対サクッと終わらせられたよね??なんて思ってしまうんだ。

 

あらすじから見る通り、リーアム・ニーソンの96時間やジェイソンステイサムのポーカーとかの映画を期待して観る場合は、かなりハードルを下げた方が無難だぞ。

         

 

所々笑えたのは良かった。

 B級映画のツッコミどころのある展開で笑ってしまう感じの笑いだ。

特に車盗んで、刑事をひいて犯人追っかけるの笑ったよね。

お前、それ完全な犯罪やんwww

そんな風にツッコミたくなった。

心臓止まってもから、ちょっと経ってから平然と動き回ったり、なかなかツッコミどころの多い作品で、そういう点ではかなり楽しめる作品ではあるだろうね。

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

ラストあっさりしすぎやしないか??

やはりクライマックスって大事だよね。

アクションならそれなりの見せ場を用意できるところ。

この映画は、残念ながら物凄いあっさりと終わらせてしまっている。

サクッと敵アジトに潜入。

何故かアジトには2,3人くらいの敵しかいない風で、ボスとの戦いも一瞬でカタがついちゃう。

 

いやいやいや!!そこもっとじっくり見せてくれよ笑

 

ちょっと残念に思う菊飛でした。 


 

「内なる獣性」に個人的に似てると思う映画3選

ネットフリックス配給の映画で「内なる獣性」ににているんじゃないだろうかと思われる作品3つを選んでみた。

 

「内なる獣性」に個人的に似てると思う映画3選)

  1. ロストブレット窮地のカーチェイス
  2. リベンジャー 無敵の復讐心
  3. 土と血

 

 1、ロストブレット窮地のカーチェイス

似ていると思ったところは、警察が弱いところ。

内なる獣性にもカーアクションがあるんだが、こっちのロストブレットはかなりクオリティが高く、オススメだ。

それに主人公が元犯罪者で警察と手を組むことで外の世界へと行ける設定。

こっちの方が断然アクションの質が高いので、かなりお勧めだ。

www.kikuhi-movie.com

 

 

2、リベンジャー 無敵の復讐心

似ている所と言ったら、主人公が必要に敵をつけ狙うところ。

とある理由で流刑用の島に流れ着く主人公。

そこのボス的存在に因縁があるんだけども…

なんと素手や武器、殺陣に至るまでネトフリ配給アクション映画としてはかなりの質の高さ。

1、2を争うレベルで見ごたえ抜群のアクションは、ネットフリックスに加入しているアクション好きは観るべきと言える作品だ。

www.kikuhi-movie.com

 

3、土と血

似ている所と言えば、娘が敵組織に狙われるところ。

内なる獣性は、誘拐されてしまっているが、この映画は追われる感じになっている。

映画自体の雰囲気はジメってしており、独特なB級映画臭を醸し出している。

マニア向けの作品だ。

www.kikuhi-movie.com