菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価)韓国マフィアの抗争、そんなラストあり!?…Netflix映画楽園の夜(感想)

鬼滅の刃の無限列車編とアニメシリーズを無料で観る方法を紹介。

無限列車編は、たった一つしかないぞ。

www.kikuhi-movie.com

 

    

韓国マフィアの抗争、そんなラストあり!?…Netflix映画楽園の夜(感想)

 

韓国マフィアの抗争、そんなラストあり!?…Netflix映画楽園の夜(感想)

韓国マフィアの抗争、そんなラストあり!?…Netflix映画楽園の夜(感想)

ネットフリックス公式サイトの楽園の夜の作品情報より引用

 (C)2021 Night in Paradise Netflix.All Rights Reserved

とある組織の構成員が逃亡先でなんとも不思議な義理の親子の元で世話になる。

韓国のマフィア映画であるこの作品。

マフィア作品でありながら、ヒューマンドラマ的な要素が多く、アクションシーンも一応ある。

他のマフィア系映画にはない変わった魅力のあるこの作品の感想をどうぞ。

 

 

キャスト

オム・テグ
チョン・ヨビン
チャ・スンウォン
イ・ギヨン
パク・ホサン

あらすじ~

 大切な者たちを殺された挙句、追われる身となった組織の構成員。逃亡先の済州島で心に傷を抱えた女性と心を通わせていくが、それはあまりに短すぎる平穏で...。

 

ネットフリックス公式サイトの楽園の夜の作品紹介、解説欄より引用

 

 目次へ戻る

www.youtube.com

原題、Night in Paradise

上映時間、131分

監督

 パク・フンジョン

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…7/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…8/10

 

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

マフィア系とヒューマンドラマ系が合さった…面白い映画

 マフィアの抗争だったり、包丁での刺し合い、裏切りとヤクザっぽい感じがありつつ、一人の余命いくばくと女性と逃亡してきた構成員のヒューマンドラマもある変わった映画。

 

だいたいのマフィア系の映画だとマフィアの抗争とかがメイン。

そういった描写が特に印象に残るものだが、この映画は、イメージ半々。

ちょっとヒューマンドラマ系の印象が強いのでは?と感じる程だ。

 

そして、その2つの要素が上手い具合に最後に融合している感じは、とても良かった。

個人的に衝撃的なラストな上、2つの要素を上手い具合合さっており、満足度も高い。

 

ネットフリックスには、王道のヤクザ映画もオリジナルである。

アウトサイダーって映画だ。

戦後を舞台にした大阪で、ヤクザの抗争を描いた作品。

この作品とはかなり毛色が違ったのが楽園の夜と言った感じ。

 

ガチクズな奴が一人だけいるが、良い感じにスッキリする形に終わったのも良かった。

ただのマフィア系映画じゃないのが、この作品。

 

ちょっと変わったマフィア?ヤクザ映画。
ヤクザよりのマフィア映画のお約束を入れつつ、ヒューマンドラマ的な展開もあって、他のマフィア映画とはちょっと違った仕上がりになっている。
ラストの衝撃度は、高得点。
この手の映画は、結構人が死ぬ事は予想できたけど、ここまで死んじゃうんだ…なんてラストであった。

変わったマフィア映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のドラマ映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画ジューン&コピ(感想)…笑いあり!感動あり!王道の動物ストーリー - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ザ・ホワイトタイガー(感想、その他)…貧困者の苦悩と葛藤が衝撃的 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ローズ島共和国~小さな島の大波乱~(感想、その他)…自由の為に作った国の実話物語 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ヒルビリー・エレジー郷愁の哀歌(感想、その他)…社会じゃなく家族がチャンスを作るんだ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画これからの人生(感想、その他)…女優歴約70年のソフィアローレンの演技さすがと言うべき - 菊飛movie

 

他ドラマ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

どんな映画?)韓国が舞台のマフィアの抗争。

末端の構成員だが、人望のある主人公テグ。 

ヤン社長の構成員で、もっと上の組織から引き抜きの話も出てきたが、断っていた。

自分の姉と姪を交通事故と見せかけて殺されてしまった。

その復讐に燃える主人公にヤン社長は、とんでもないことを言う。

 

日本のヤクザ風な所もあるこの映画。

抗争メインというより、主人公と逃亡先で出会った女性、そして、狙われるスリルがある映画。

抗争は、ついでに近いので、抗争を楽しみにしている人は、残念と感じるだろう。

 

ちょっと変わったマフィア?ヤクザ映画。

マフィア映画と言えば、裏切り、報復、刃物や銃での戦闘がメインなはず。

この楽園の夜は、そういったものも含んでいるんだが、ちょっと違う。

 

裏切りや報復と戦闘の中に余命いくばくの女性と主人公の一風変わった生活が待っている。

その生活は、マフィアの世界とは違って、韓国の水刺身の料理を頬張ったり、タバコをのんびりすったり。

焼酎をカッと飲んでみたりとマフィアらしい感じが一切しない。

たまにシリアスな病院に運ばれるシーンなどがあって、ちょっと想像していたマフィア映画とは違った。

感動系のヒューマンドラマっぽい展開なんだよね。

 

そんなマフィアらしくない一面もありながら、報復に遭う主人公のシーンもある。

マフィア映画のお約束ってところだ。

銃というより、包丁で襲い掛かる感じは、マフィア…というよりヤクザっぽい。

マフィア上層部での話し合いもあったりとお約束も外していない。

 

ヤクザよりのマフィア映画のお約束を入れつつ、ヒューマンドラマ的な展開もあって、他のマフィア映画とはちょっと違った仕上がりになっている。

 

ラストの衝撃度は、高得点。

 個人的には驚きのラストであった。

この手の映画は、結構人が死ぬ事は予想できたけど、ここまで死んじゃうんだ…なんてラストであった。

最後はスッキリした部分もあるが、ちょっと悲しい気持ちにもなったかな。

 

意外と登場人物が少ない映画ではある。

モブキャラ的な構成員はたくさん登場するが、有名な俳優とかがたくさん…とかではないので、マフィア系の映画ではちょっと珍しいかもしれない。

 

マ理事の濃いひげがとても気になる。

すっごい青々としていた顎らへん。

しっかり剃ってはいたんだが、とても青々としていて、会話に集中できなかった笑。

因みに俳優名は、チャ・スンウォンという名前らしいです。