菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価)アシカ版シールズがカッコイイ!…Netflix映画海中部隊シールチーム(感想)

ポイントチャージ時に40%ポイントバック&無料期間中600P&月々1200Pの無料Pで、小説、映画、アニメ観る人はかなりお得!

    

アシカ版シールズがカッコイイ!…Netflix映画海中部隊シールチーム(感想)

 

感想評価)アシカ版シールズがカッコイイ!…Netflix映画海中部隊シールチーム(感想)

感想評価)アシカ版シールズがカッコイイ!…Netflix映画海中部隊シールチーム(感想)

ネットフリックス公式サイトの海中部隊シールチームの作品情報より引用

 (C)2021 Seal Team Netflix.All Rights Reserved

 

出てくるのは、アシカで敵はサメ。

捕食される側のアシカが部隊を組み、訓練して親友の仇をうつというもの。

シールズ系をパロっているが、デザインやストーリー共にしっかりと練られていて、面白かった。

 

 

 

キャスト

ジェシー・T・アッシャー

J・K・シモンズ

クリステン・シャール

マシュー・リス

パトリック・ウォーバートン

シャールト・コプリー

カミール・マーナ

ジョン・カニ

ドルフ・ラングレン

シール

あらすじ~

勇敢なクインが、どうもうなサメに立ち向かうため、ひれあし類の仲間を集めてチームを結成。平和な海を手に入れるべく、鋭い歯をもつ恐ろしい敵に戦いを挑む。

 

ネットフリックス公式サイトの海中部隊シールチームの作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

 

原題、Seal Team

上映時間、100分

監督

グレイグキャメロン
ケイン・クルーダース

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…7/10

キャスト…5/10

アクション迫力度…2/6 

 

 個人的評価…7/10

 

 

一文感想 ↓

シールズ系の部隊映画とスパイ要素を盛り込んだキッズ映画…面白い映画

出てくるのは、アシカで敵はサメ。

捕食される側のアシカが部隊を組み、訓練して親友の仇をうつというもの。

 

随所のシチュエーションがアメリカ映画のシールズっぽくて、笑える。

部隊の特訓からエンジニアの登場、部隊の初任務の成功からの失敗に部隊が喧嘩などをし始めるなどなど。

お約束が詰まりすぎてて、大人がクスッと笑いながら見てしまう。

 

だからといって、中身が適当な感じではないんだ。

ストーリーもしっかりとしていながら、スパイ道具のような武器たちのユニークさ。

水中戦の今までにない感じや見応えのある追いかけっこ。

起承転結がしっかりしていながらもシールズをパロっていて、大人を笑わせに来ていたり…

 

デザインの可愛らしいさも忘れてはならない。

デフォルメしたデザインの中に表情豊かなアシカたち。

因みにアシカの個性は、頭に乗っている髪?みたいなものや目など意外とはっきり判別できる。

この辺もキャラクターデザインがしっかり考えられているなぁと感じたね。

 

 

子供向けでシールズ映画のパロだろって馬鹿にしていたら、予想以上にしっかり作られていて、面白かったぞ。

 

特徴)

  • アシカ版シールズ。
  • 特訓シーンからの実戦と王道アクション。
  • スパイ道具みたいでカッコいい。
 

アシカ版シールズ。

子供向けのコメディとはいえ、意外としっかりと作られた映画だ。

特訓シーンからの実戦と王道アクション。

他にも武器やら格好などシールズを意識してるとしか思えない格好は、笑えると共に再現度たけぇなと驚かされた。

スパイ道具みたいでカッコいい。

多種多様の武器たちは、可愛らしいデザインをしつつも、ユニークに富んでいて面白かったね。

 

海中生物が好きな人、子供向け映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作の子供も大人もオススメなアニメ映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画銀のドラゴン ファイアドレイク(感想、その他)…ファンタジー好きの子供にオススメ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ワニ少年アーロの冒険(感想、その他)…色んな優しさで溢れてるミュージカルアニメ映画 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ビーボ(感想)…ネトフリ加入者は観た方が良い!色使いと独自の世界を持った傑作 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ウィッシュ・ドラゴン(感想)…各シーンにジャッキーチェンらしさ全開 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ミッチェル家とマシンの反乱(感想)…変わり者家族が世界を救う良作 - 菊飛movie

 

感想評価)秘密のまほう管理局(感想)…グリム童話ヘンゼルとグレーテルが元となっているファミリーアニメ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画バック・トゥ・ザ・アウトバック 〜めざせ! 母なる大地〜(感想)…色んな毒生物が友を救うため大脱走 - 菊飛movie

他アニメ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

アシカ版シールズ。

一言で言えば、アシカvsサメ。

捕食される側のアシカだが、主人公アシカが親友のアシカをサメに喰われたことにより、復讐を決意。

アシカの精鋭?シールズならぬシールチームを結成して、戦いを挑む。

 

銃っぽいのが出てきたり、部隊っぽい統率が取れた動きをしたりする。

でも、コメディだからちょっと笑えるシーンもちょこちょこ。

 

サメをショボい檻に閉じ込めるとところは、見応え抜群だった。

中盤の見所だね。

 

意外と出てくるアシカの手が器用。

ボートを使ったり、扉とかを閉めたりとすごい人間みたいなことをする。

そもそも基地が人間が廃棄した軍艦なのだがね。

 

子供向けのコメディとはいえ、意外としっかりと作られた映画だ。

 

 

特訓シーンからの実戦と王道アクション。

アメリカ映画だとシールズが主人公のガンアクション映画ってたくさんある。

部隊で敵組織を倒したり、化け物と戦ったり…はたまたゾンビと戦ったり!

アメリカ人は、何でもゾンビと戦わせたいからね笑。

 

今作もそういったシールズ系の部隊アクションのあるあるをしっかりなぞっている。

 

冒頭の特訓シーン。

さながら軍隊とも言える特訓シーンは、実際の軍隊っぽいことをする。

サインの練習やなぜかアシカが腕立てしたり、教官に罵声浴びせられたり…何か重い物を引きずったりとあるあるが詰まっていて笑える。

 

実戦からの作戦成功やら失敗。

仲間がピンチに陥ったり、行方不明になったりして、主人公が自分を責める。

あるあるですわ。

 

ITや武器担当のアシカが登場。

武器の説明とかしだして、007シリーズを思い出した。

多分007にスパイ武器を説明するシーンのオマージュじゃなかろうか。

 

教官の旧友たちが参上するのは、この手の映画のあるある。

テンション上がるシーンでもあるこの手のシチュエーションなんだが、アシカなどの海中生物ってところも笑える。

 

他にも武器やら格好などシールズを意識してるとしか思えない格好は、笑えると共に再現度たけぇなと驚かされた。

 

 

スパイ道具みたいでカッコいい。

武器やら装備がすごいスパイ道具っぽい。

見た目は、カニの銃や貝の爆弾、膨らむだけハリセンボンなどなんだけどね。

 

よく分からないカニの武器は、グレネード?的な威力が出ている。

しかも連発出来る!

超つえぇ…

弾の数は少ないっぽいけどね。

 

ハリセンボンは、ただ膨らむだけ。

喰われそうになったら、口に投げるらしい…

 

貝の爆弾は、スモーク?に近くてそんなダメージがない。

コバンザメみたいなのの追尾式銃や電気ウナギの電流と意外と物騒なものも…

 

タコスーツが意外とカッコいい。

何故かイケボで言わないと発動しなくて、ステルス機能が付いている。

超つえぇ!

時間制限付きだが…

 

多種多様の武器たちは、可愛らしいデザインをしつつも、ユニークに富んでいて面白かったね。