菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)フィリピンが舞台のクーデターに関与した夫の妻目線というマニアック映画…Netflix映画'76(感想)

    

フィリピンが舞台のクーデターに関与した夫の妻目線というマニアック映画…Netflix映画'76(感想)

 

フィリピンが舞台のクーデターに関与した夫の妻目線というマニアック映画…Netflix映画'76(感想)

フィリピンが舞台のクーデターに関与した夫の妻目線というマニアック映画…Netflix映画'76(感想)

ネットフリックス公式サイトの'76の作品情報より引用

 (C)2021 '76 Netflix.All Rights Reserved

フィリピンが舞台のクーデターに関与した夫の妻目線のアフリカ映画。

クーデターの過程やその様子がメインではなく、その奥さん目線。

クーデターは、かなりついで感があり、イマイチ分かりづらい始末。

VHS風の映像は、面白かったぞ。

 

 

キャスト

ラムジー・ノア
リタ・ドミニク
チディ・モケメ
イビナボ・フィベレシマ
ダニエル・K・ダニエル
モリーサヴァン
アドニジャ・オウィリワ
パット・ネボ
ネリー・エクウェレオグ
シュアイブ・エベネシ・アダムス
デボ・オグンズ
ベン・ンウォス
アダ・オフォエグブ

あらすじ~

 失敗に終わった軍事クーデター計画に関与したとして夫が罪に問われたとき、身重の妻に思いもよらない試練が訪れる。実話から着想を得たヒューマンドラマ。

 

ネットフリックス公式サイトの時の面影の作品紹介、解説欄より引用

 

 目次へ戻る

 

原題、'76

上映時間、112分

監督

 

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…4/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

かなりマニアックで地味な映画…まぁまぁな映画。

VHS風の映像で始まるクーデターに関与した妻目線のアフリカ映画。 

アフリカ映画だが、舞台はフィリピン。

奥さんの苦悩を描いているが、実際クライマックスに起こした行動は、かなり地味なものとなっている。

印象にも残りづらい。

 

アフリカ映画にはありがちなんだが、一部ストーリーが分かりづらい部分がある。

クーデターを起こす過程だったり、オチであったり。

なんで最後ああなったのかイマイチピンとこない。

 

VHS風の映像は、面白かったが、ストーリーが分かりづらく微妙であった。

 

映像がVHS風ってこだわり。
個人的に懐かしさを感じる画質…たまにはこういうのも面白いかも笑。
フィリピンの戦争映画だが、基本基地での話。
個人的にはかなり地味な展開なのとクーデターに関与した奥さん目線というかなりマニアックな映画だ。
あらすじに全部要約されてるのどうなの??
面白さが半減してしまいそうなあらすじに読んでいてビックリした菊飛でした。  

変わったクーデター映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のドラマ映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画ジューン&コピ(感想)…笑いあり!感動あり!王道の動物ストーリー - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ザ・ホワイトタイガー(感想、その他)…貧困者の苦悩と葛藤が衝撃的 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ローズ島共和国~小さな島の大波乱~(感想、その他)…自由の為に作った国の実話物語 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ヒルビリー・エレジー郷愁の哀歌(感想、その他)…社会じゃなく家族がチャンスを作るんだ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画これからの人生(感想、その他)…女優歴約70年のソフィアローレンの演技さすがと言うべき - 菊飛movie

 

他ドラマ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

映像がVHS風ってこだわり

 1976年に開発された映像を保存するテープ。

家庭ではビデオテープとか言われていたVHS。

1990年代あたりから登場してきたDVDが出るまでは、主流となっていたんだ。

この画質は、荒くて時折乱れるような感じ。

この辺は、ググってもらえれば分かる。

そんなVHS風の画質の本作は、舞台が1970年代だからか古めかしさをとても感じる。

 

実際映像が乱れるとかそういうのはない。

画質がVHSみたく荒いだけだ。

個人的に懐かしさを感じる画質…たまにはこういうのも面白いかも笑。

 

フィリピンの戦争映画だが、基本基地での話。

実際何処かの戦場に行くとかそういうのはない。

銃撃戦も殆どないので、戦争映画と言っていいのか謎な映画。

クーデターの過程や実際クーデターを起こしている緊張感を堪能する系の映画ってわけでもない。

なんならクーデターのシーンは、ダイジェストなので、見所にもならない。

過程も結構適当で、鮮明に描いている…ってわけではない。

どちらかというとクーデター計画に関与した妻目線がメインだ。

 

個人的にここが見所ってところはない。

奥さんの苦悩を描いているのとクライマックスシーンもあんまり盛り上がらない。

個人的にはかなり地味な展開なのとクーデターに関与した奥さん目線というかなりマニアックな映画だ。

 

あらすじに全部要約されてるのどうなの??

うまい具合にあらすじがネタバレになっているんだが、もうあらすじ読んだら何となくの映画の内容が分かってしまう。

良いのか?それで笑。

最後のオチだけを隠している感じだが、この手のヒューマンドラマってオチが何となくわかってしまうんだよな。

あとは、どういう行動をとったかだけ。

面白さが半減してしまいそうなあらすじに読んでいてビックリした菊飛でした。