菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価)薄暗い内容と雰囲気が好きなB級好きにぶっ刺さる!…Netflix映画変わらぬ愛で(感想)

ポイントチャージ時に40%ポイントバック&無料期間中600P&月々1200Pの無料Pで、小説、映画、アニメ観る人はかなりお得!

    

薄暗い内容と雰囲気が好きなB級好きにぶっ刺さる!…Netflix映画変わらぬ愛で(感想)

 

感想評価)薄暗い内容と雰囲気が好きなB級好きにぶっ刺さる!…Netflix映画変わらぬ愛で(感想)

感想評価)薄暗い内容と雰囲気が好きなB級好きにぶっ刺さる!…Netflix映画変わらぬ愛で(感想)

ネットフリックス公式サイトの変わらぬ愛での作品情報より引用

 (C)2021Love Me Instead Netflix.All Rights Reserved

 

薄暗い雰囲気、内容の復讐系映画。

トルコ映画で、結構似た雰囲気の映画があるんだ。

 

本作は、主人公と娘の最後、娘に何が起こったのかが最大の見所となっている本作、好きな人はとことんハマりそうな映画だ。

 

 

 

キャスト

サープ・アカヤ

ソンギュル・オデン

アルジャン・ケサル

アレイナ・オズゲチェン

フュスン・デミレル

シナン・アルスラン

アリ・セチキネル・アリジ

ウシャン・チャクル

ドーウカン・ポラット

あらすじ~

幼い頃に別れたきりの娘に会うため、刑務官とともに故郷へ向かったひとりの囚人。過去を償おうとする彼をそこで待っていたのは、あまりに悲しい真実だった。

 

ネットフリックス公式サイトの変わらぬ愛での作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

 

原題、Love Me Instead

上映時間、124分

監督

メフメトエイダオズテキン

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

 

一文感想 ↓

全体的に暗めなB級作品…まぁまぁな映画。

廃墟感のある街並みに内容の暗さ,重たさが独特な世界観を醸し出している。

ネトフリオリジナルトルコ映画ってかなりマニアック路線なイメージだ。

 

本作は、主人公と娘の最後、娘に何が起こったのかが最大の見所となっている。

 

とても重たいので、気分が落ち込んでいる時は、視聴しない方が良い。

 

内容も復讐系となっているので、内容が重めor暗めのB級映画が好きな人が好物の作品だ。

 

特徴)

  • 廃墟感のある雰囲気の映画。
  • 主人公と娘の驚きなオチ。
  • ラストがネトフリB級臭プンプン。
 
廃墟感のある雰囲気の映画。

内容も雰囲気も暗いので、暗い鬱映画を探している人にピッタリだ。

主人公と娘の驚きなオチ。

この映画の最大の見所、主人公たちの最後と15年の月日に娘さんの身に何があったのかがとても面白い。

ラストがネトフリB級臭プンプン。

全体的に良いB級臭を醸し出していた。

特にネトフリオリジナル映画のB級部門(暗い映画系)が好きな人は観るべし!

 

復讐系の映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のドラマ映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画ジューン&コピ(感想)…笑いあり!感動あり!王道の動物ストーリー - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ザ・ホワイトタイガー(感想、その他)…貧困者の苦悩と葛藤が衝撃的 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ローズ島共和国~小さな島の大波乱~(感想、その他)…自由の為に作った国の実話物語 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ヒルビリー・エレジー郷愁の哀歌(感想、その他)…社会じゃなく家族がチャンスを作るんだ - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画これからの人生(感想、その他)…女優歴約70年のソフィアローレンの演技さすがと言うべき - 菊飛movie

 

他ドラマ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

廃墟感のある雰囲気の映画。

映画の雰囲気、街並みのイメージとしては、廃墟感のある映画であった。

廃墟感があって、治安がすごく悪い。

壁も塗装がボロボロ…みたいな感じ。

 

そのせいで、昼間でも薄気味悪い。

 

実際、その辺で銃撃戦が起こるわけじゃない。

 

内容も刑務所に入ってた囚人が娘に会うことを妻から許されず、交通事故で死んだから会うことが許されたって内容。

しかも、結構訳あり。

 

内容も雰囲気も暗いので、暗い鬱映画を探している人にピッタリだ。

 

 

主人公と娘の驚きなオチ。

この映画の見所は、主人公とその妻と娘の結末にある。

 

妻に関しては、この映画では名前だけ。

頻繁に主人公と会っていた主人公のお母さんと住んでいる人は、主人公の愛人。

実は、主人公、妻を愛しておらず、愛人を作っていた。

因みに娘はとても愛しているようだ。

 

娘のオチは、なかなかひどいもの。

子持ちの親が観るには辛すぎる最後となっている。

このへんは、海外ならではな感じがして、とても悲しい気持ちになったね。

 

主人公の最後は、B級好きが反応しそうな感じ。

一言で言うと、復讐系。

色んな点で違和感がありつつも結構テンション上がった最後だった。

 

主人公の想いは、かなり辛いだろうな。

一言で言うと無念…

刑務所に入ってたばっかりにこんなことになっていたとは…

 

この映画の最大の見所、主人公たちの最後と15年の月日に娘さんの身に何があったのかがとても面白い。

 

 

ラストがネトフリB級臭プンプン。

映画自体の雰囲気もそうだが、ラストもネトフリオリジナル映画のB級臭がプンプンする。

 

  1. 廃墟感のある街並み
  2. 復讐系。
  3. 主人公の哀しみを漂わせる最後。

 

この3つが良いB級臭を醸し出していた。

廃墟感のある街並みについては、最初の項でも触れた。

治安がとても悪く、街の家がどれもボロボロ。

犯罪が起きてもバレなさそうな雰囲気。

 

この映画は、復讐系となっている。

深く書くとネタバレになるので、かけない。

面白いことに特定の誰かって感じじゃないんだよね。

この辺は、観てもらえればわかる。

 

最後の主人公の結末がネトフリオリジナル映画のB級部門(暗い映画系)でよくある展開。

この手の作品が好きな人は、ぶっ刺さる映画だろうね。

 

全体的に良いB級臭を醸し出していた。

特にネトフリオリジナル映画のB級部門(暗い映画系)が好きな人は観るべし!