菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)チュッチュ、チュッチュしやがって!!…Netflix映画キスから始まるものがたり(感想、雑学)

    

チュッチュ、チュッチュしやがって!!…Netflix映画キスから始まるものがたり(感想、結末)

 

キスから始まるものがたり

キスから始まるものがたり

ネットフリックス公式サイトのキスから始まるものがたりの作品情報より引用

 (C)2018 The Kissing Booth Netflix.All Rights Reserved

「チュッチュ、チュッチュしやがって…」

観終わって一番最初に出てきた感想がこれよ。

キスブースとかいう目隠ししてお金貰って美男美女にチュー出来る出し物がキッカケ。

あっちの高校は、なんと怪しからんのじゃ!

俺も混ぜろこの野郎!!

 

 

キャスト

ジョーイ・キング


ジョエル・コートニー

 

ジェイコブ・エロルディ

 

モリー・リングウォルド

あらすじ~

 デートすら経験ゼロの女子高生・エルが、キスブースで初キスを体験。

相手は学校一のイケメンで、無二の親友の兄。

友情と恋の狭間でエルの心境は複雑...。

 

ネットフリックス公式サイトのキスから始まるものがたり作品紹介、解説欄より引用

 

   

原題、The Kissing Booth

上映時間、105分

監督、脚本

ヴィンス・マルセロ
原作
ベス・リークルス『The Kissing Booth』
製作
ヴィンス・マルセロ
ミシェル・ワイズラー
アンドリュー・コール=バルジン
エド・グラウザー

 

配給、ネットフリックス

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…7/10

キャスト…6/10

 

 個人的評価…7/10

 

  目次へ戻る     

一文感想 ↓

エルと親友(リー)の兄のノア

エルと親友(リー)の兄のノア

ネットフリックス公式サイトのキスから始まるものがたりの作品情報より引用

 (C)2018 The Kissing Booth Netflix.All Rights Reserved

キスから始まる恋にハラハラドキドキ…面白い映画。

キッシングブースがきっかけのラブコメ映画。

キッシングブースって、美男美女が目隠しして待機。

お金払ったら、その人とチュー出来るって仕組み。

しかも、これはチャリティーです。

いいんか!?そんな下世話な事でチャリティーして!?

なんて思いながら観ていた。

 

まぁ、この映画結構チューするシーンが多い。

それと主人公のエルとリーの間の独特なルールやそのルールに絡んだ禁断の恋的なものは、面白い設定だなって思ったよ。

うまく噛み合っていたね。

 

途中笑えるところもあり、ちゃんとダンスシーンも伏線となっていて無駄が無かった。

 

だが、イビってる女連中のインパクトがかなり弱かった笑

 

ちょっと新しい?三角関係。

ルールか恋か葛藤具合が面白いし、いつバレんだ?それともバレないんか?

そんな風にハラハラドキドキしながらみてました。(30代男性)

 

ルールのある映画は、面白いというジンクス。

ルールにも個性があって、その個性が主人公達の人柄へと繋がる。

作品の幅を広げやすいし、コミカルになったりして面白い傾向にある。

 

個人的にエルが悪いと思う。

何事も中途半端に先延ばしにするのは良くないよね…

 

ブコメ映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.7

映画.com 3.3

みんな、可愛らしいや面白い、楽しいといったプラスの意見が殆どだった。

 

高評価の意見としては…

友情と恋愛が良い具合

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

ちょっと新しい?三角関係

 親友vs恋人って言う新しい三角関係。

意外に新鮮で面白かった。

 

「エルが親友のリーとのルール(約束)を取るのか、好きな人でリーの兄のノアを取るのか…ある意味新しい三角関係だよね。」

「正直このルール破ったら絶交だとか重すぎるよな…

まぁ、親友を取るか好きな人を取るかの2択ってのは、新しいよね。」

エルは、密かに親友のリーの兄、ノアが好きだった。

でも、リーとのルールで、お互いの兄弟等親族には手を出さない…恋人とかそういう関係にならないってのがある。

これ破ったら、絶交レベルらしい。

 

重たいな、おい笑

 

まぁ、個人的なルールの感想はさておき、この親友を取るのか好きな人を取るのかって言う新しい三角関係は、新鮮だよね。

よくあるのが、2人ともloveの感情で取り合う三角関係。

 

2人とも好きなんだが、好きの種類が違う。

likeとloveみたいな違い。

でも、リーにとってはどちらも捨てがたい。

その葛藤具合が面白いし、いつバレんだ?それともバレないんか?ってハラハラドキドキしながらみてました。(30代男性)

いいおじさんがキュンキュンしながら観てたなんて、想像すると、自分が気持ち悪いぜ笑

でも、それだけラブコメとして面白かったということで笑

 

他にも笑える所が結構あった。

個人的に面白いと思えるラブコメは、ラブストーリーもよし、コメディもよし!といった映画。

特にエルとリーとのやり取りが所々笑えたよね。

詳しくは…観てのお楽しみ。

序盤のお節介なお父さんみたいなノアさんも面白かった笑

       

     

 

ルールのある映画は、面白いというジンクス

 個人的にルール要素が含まれてる映画は、面白い映画が多く感じる。

 

ゾンビランドとかもそうだけど、ルールを作る映画は、面白いと思う。」

「自分が特にルール要素ある映画好きみたいなんだよね。

「色々使えるし、コメディとの相性良い気がする。」

 

アクション映画だとジョン・ウィックシリーズやシューテムアップ、トランスポーターシリーズ。

コメディ要素ある映画だとゾンビランドシリーズ。

どれも自分が面白いと思った映画だ。

 

大体ルール破る感じで、ワンパターンなんだがね、そのルールに個性があって好き。

なんだろう、主人公の個性がでるんだよね。

 

この映画も同じ日同じ時間に産まれたエルとリーの間にルールがあるんだ。

それを破ってしまうのかどうかって話。

ルールがあるから良い関係があるのよってサラッとエルが言ってたけど…

個人的にもっとルールのこだわりのシーンがあってもなんて思いつつ…

 

そのルールの鉄のオキテに従いつつ、コメディ展開されるの映画の個性が出て良かった。

エルとリーは、男女で異性なんだよね。

2人がお互いを想い助け合う為のルールが基本作られてるあたり、優しさを感じるよね。

それとあんなにベッタリよく恋愛対象に変わらんよな。

これもルールの力…

         

 

個人的にエルが悪いと思う。

エルがもっと素直になってればなぁって個人的には思う。

 

「エルが速くに切り出してたら…なんて思いながら観てたよ。」

「もし速く切り出して、平和的解決しちゃったら、ラブコメの王道展開ブッ潰れるがな笑」

途中から分かっていたよ。

これ、絶対荒れるやん…速く言っとけって!

心の中で叫んでたよ。

それとは裏腹に楽しそうにイチャつく2人は、見てていつ崩れるのかハラハラしちゃったよ。

 

 もしね、エルがサクッと切り出して、リーがすんなり納得したら波のないデッレデッレなラブコメになっていた。

個人的には、それでも笑えたからいいが、やっぱりストーリーに波がほしいよね笑

 

何はともあれ、悪いのはエルだと思う。

何事も中途半端に先延ばしにするのは良くないよね…

そんな風に思いながら、観ていたよ。

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

エルとノアが付き合うのは、わかりきってたぜ。

最初っから分かる…お前ら両思いだろ感。

なんかお節介なお父さんみたいな事をノアはしていたが、絶対気があるだろうよ。

 

付き合うきっかけとなったのがキッシングブース。

 

いやー、おじさんもときめいちゃいますわ笑

 

そんなこんなで、親友リーには隠し続けて、バレちゃう。

 

テンプレやね〜。

 

その後、ルールを使って、仲直りして、ノアとも不仲になりつつあるのも解消。

その解消の仕方も親友リーらしくてとても良かった。

 

結果、満足!!


 

雑学

あの兄弟に関しておもしろい雑学が2つ程あったので、ここで紹介しますね。

 

・キスから始まるものがたり雑学1)あの2人が実際に付き合ってるんです。

エル役のジョーイ・キングとノア役のジェイコブ・エロルディは、2017年の6月あたりから付き合い始めているのだとか…

完全にこの映画がきっかけですね笑

 

・キスから始まるものがたり雑学2)あの兄弟現実世界では年齢が逆。

エルの親友のリーフリンとその兄のノア。

実は、リーフリンの方が実際は1歳年上なんだとか。

見た目は、真逆に見えますね。