映画の部屋

どうも初めまして、菊飛です…  映画大好きなんで、映画関係や雑記など書いてきます…

感想評価)不気味な仮面とタイムループホラー…ハッピー・デス・デイ(感想、結末、裏話)

    

不気味な仮面とタイムループホラー…ハッピー・デス・デイ(感想、結末、裏話)

 

f:id:mt594322mt:20200120013530j:plain

映画.comハッピー・デス・デイの作品情報より引用

2019 (C)Universal Pictures Inc.All Rights Reserved

 

 

 

 

キャスト

 

ジェシカ・ローテ
テレサ・ゲルブマン(ツリー)

 

イズラエル・ブルサード
…カーター・デイヴィス

 

ルビー・モディーン
…ロリ・シュペングラー

 

レイチェル・マシューズ
…ダニエル・ボーズマン

 

チャールズ・エイトキン
…グレゴリー・バトラー

  

あらすじ~

 イケてる女子大生で遊んでばかりのツリーは、誕生日の朝も見知らぬ男のベッドで目を覚ます。

慌しく日中のルーティンをこなした彼女は、夜になってパーティに繰り出す道すがら、マスク姿の殺人鬼に刺し殺されてしまう。

しかし気がつくと、誕生日の朝に戻っており、再び見知らぬ男のベッドの中にいた。

その後も同じ一日を何度も繰り返すツリーは、タイムループから抜け出すため、何度殺されても殺人鬼に立ち向かうが…

 

映画.comのハッピー・デス・デイの作品紹介、解説欄より引用

 

解説

誕生日に殺された主人公が目を覚ますと再びその日の朝に戻り、自分が殺される誕生日を何度も繰り返すことになる姿を描いた新感覚のタイムループホラー。

ゲット・アウト」「スプリット」「ハロウィン」などホラー、サスペンス作品を数々ヒットさせているプロデューサーのジェイソン・ブラムが製作。

主演は「ラ・ラ・ランド」にも出演したジェシカ・ロース。監督は「パラノーマル・アクティビティ 呪いの印」のクリストファー・ランドン。

 

映画.comのハッピー・デス・デイの作品紹介、解説欄より引用

 

ストーリー…9/10

キャスト…7/10 

ホラー度…2.5/6

 

 個人的評価…9/10      

     

 

f:id:mt594322mt:20200120013546j:plain

映画.comハッピー・デス・デイの作品情報より引用

2019 (C)Universal Pictures Inc.All Rights Reserved

一文感想 ↓

何度死んでも朝に戻り襲われる恐怖に犯人捜し要素が組み合わさった…面白い映画。

意外と怖さ耐性が強い自分は、この映画自体はそんなに怖いとは思いませんでしたが、程よいドキドキ感が味わえて楽しかったんです。

それにタイムループ設定に加え、誰が犯人だ!?という犯人捜しのサスペンス要素も組み合わさっていて、違う面でも楽しめる作品に仕上がっています。

なので、結構評価は高めです。

 

イムループホラーとかいう面白い設定
無限ループに近い地獄の設定と殺人鬼が襲ってくることが分かる2重地獄がホラー要素として良い感じに仕上げてくれていて、とても楽しみながら観られましたね。

 

犯人捜しも兼ねたちょっとしたサスペンス要素も楽しめる
この独特なお面をかぶった殺人鬼が誰なのかというちょっとしたサスペンス要素を兼ね備えた映画なんですよね。

こういうホラー系に欠かせないお面も良い感じの不気味さを出しててよかったです。

 

こんなのトラウマになるに決まってるわ

 結構こういうホラー系だと自分に置き換えて考えてしまうんですが、置き換えたらとてつもなくトラウマになるだろうなって感じました。

自殺しても結局またその日の朝に戻り襲われるとか地獄でしかない( ゚Д゚)

 

 

ホラー映画を観たいという方、ちょっと変わったホラー映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.8

映画.com 3.8

結構高評価だったと感じましたね。

B級だとおもいきや意外と面白かったり、予想外に楽しめる要素が強かったと感じた人が多かったみたいです。

 

高評価の意見としては…

テンポが良い、コメディ要素強め、ホラーなのに何処か暖かい など色んな高評価の意見がありました。

 

低評価の意見としては…

 ホラー要素が薄いくらいで低評価の意見は少な目でした。

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓     

f:id:mt594322mt:20200120013609j:plain

映画.comハッピー・デス・デイの作品情報より引用

2019 (C)Universal Pictures Inc.All Rights Reserved

イムループホラーとかいう面白い設定

 主人公の女性テレサは、とある殺人鬼の襲われる。

死んだと思ったら、また今日という日をやり直すっていうタイムループ設定にホラー要素を組み込んだ作品。

無限ループに近い地獄の設定と殺人鬼が襲ってくることが分かる2重地獄がホラー要素として良い感じに仕上げてくれている。

観てるこっちもドキドキしながら観られる。

しかも90分程なので、サクッと観れるのもうれしい。

それでいて、ストーリー展開がおかしいわけでもなく、90分作品にしては、上手い具合にまとめられているようにも感じる。

 

映画自体でタイムループといえば、オール・ユー・ニード・イズ・キルがあり、タイムループ設定映画は個人的に外れがないのでは?と思う程。

やはりまだ、目新しい設定ということもあり、まだまだこの先タイムループ設定の映画がたくさんでて、面白い映画が製作されるんだろうなと期待しちゃう。

ちなみにこの作品は、続編があるぞ。

 

    

     

 

犯人捜しも兼ねたちょっとしたサスペンス要素も楽しめる

この独特なお面をかぶった殺人鬼が誰なのかというちょっとしたサスペンス要素を兼ね備えた映画なんですよね。

ホラー以外にも楽しめる要素があるんです。

ちなみにサスペンス映画っていうのをあんまり観ていない自分は、まんまと犯人を当てられず、あ~こいつなのか!と純粋に犯人当てを楽しめました。

 

そうそう、あのお面。

ホラー映画といえば、お面だったり、被り物だったりがあるんですよね。

怖い殺人鬼設定にはああいう被り物設定は欠かせないですよね。

今作のお面もニヤっと笑っているお面なので、異常に不気味さが際立っていて、良きお面だと思いますね。

あのじっと見ているときの独特な緊張感は…もう溜まりませんね笑

(新種の変態ではありません…)

 

色んなシーンが伏線となって出てくるので、そういう意味でも90分きっちり使って、無駄なく展開しているなと感じましたね。 

 

 

 

 

 

こんなのトラウマになるに決まってるわ

 もし仮に自分があの状況に陥ったらと考えた時、早々発狂して自殺を選んでしまいそう。

何度も死ぬんですよ?しかも死ぬタイミングもなんとな~く分かってしまう。

気付いたら、近くにいて襲われるとか怖すぎるわ…

こういう殺人鬼系の映画は、どうしていつの間にか背後を取りたがるんでしょうかね?

鑑賞中も気になって、振り向いてしまいますよ。

まぁ、要するに…自分だったら耐えれないってことですね笑

この女性はホント強いわぁ…

 

 

 

 余談、裏話…

今作の監督は『恋はデジャ・ブ』、『ハロウィン』、『スクリーム』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『すてきな片想い』、『E.T.』、『グーニーズ』、『アメリカ物語』、『グレムリン』、『インナースペース』、『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』、『暗闇にベルが鳴る』、『ヘザース/ベロニカの熱い日』を参考にしたと語っているそうです。

 

この作品に出てきたお面は、スクリームのあの仮面を担当した人が製作したのだとか。           

 

 

 

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 犯人全く分からなかった件

みなさん犯人分かりましたか?

僕は最後の最後まで分かりませんでした。

いや、確かにそういった感じを醸し出していましたけども…結局病院に運ばれてきた殺人鬼じゃねぇかってとこで、もうその怪しい感じをすっかり忘れてて、無事ハッピーエンド。

で次の日って時にテレサがまた今日をやり直した時は、ホラー独特のゾワっとした感じがありましたよね。

ケーキを貰った時、テレサが気付いた時にあ~!って一緒に分かった感じなんです。

 

つくづくストーリー展開が上手いなって思ってしまいましたね。

サスペンス慣れしてないからそう思うだけなんでしょうかね??

他の人はどう思ったんでしょうか…

 


 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

テレサ・ゲルブマン(ツリー)(何度も死に戻りする主人公)

ロリ・シュペングラー(ツリーの同居人で殺してた犯人)

 カーター・デイヴィス(ツリーと一夜を共にした(何にもしてない)男性でタイムループの鍵となる人物)

 

ロリが犯人だった!

ツリーは、謎のお面男に殺されては、その日の朝に目が覚めるというタイムループ現象に陥っていた。

何度もタイムループを経験するごとに体がどんどんむしばまれていき、カーターに打ち明け手伝ってもらうもなかなかうまくいかない。

そんな中、カーターと店で食事をしていた時、テレビのニュースで凶悪犯が近くの病院に移送されるというニュースを見て、こいつが自分を殺した犯人だと確信し、何度か失敗してタイムループを経験したものの結果、その犯人を見事殺して見せる 。

そして、その夜同居人のロリーからもらったケーキを頬張って眠りについた…

そうするとまたその日の朝に戻る。

パニックになったツリーは、家に向かい家を出る準備をしていた時に気づいた。

殺人鬼に殺される以外に死んだ時の共通点は、ロリからもらったケーキを頬張っていたことに

ロリに詰め寄った所、ロリは本性を現し、ツリーのことを憎んでいた。

ツリーが不倫していた医者のことがロリは好きだったのだ。

その腹いせで殺そうとしていたことを言われ、ツリーはロリと言い争うになり、ロリを家の2かいから突き落とし、殺した。

そして、その日を終え、無事次の日の朝を迎えるのであった…