菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

MENU

感想評価)こんなにもLGBTに理解ある家族見た事ない!…Netflix映画シングル・オール・ザ・ウェイ(感想)

ポイントチャージ時に40%ポイントバック&無料期間中600P&月々1200Pの無料Pで、小説、映画、アニメ観る人はかなりお得!

    

こんなにもLGBTに理解ある家族見た事ない!…Netflix映画シングル・オール・ザ・ウェイ(感想)

 

感想評価)こんなにもLGBTに理解ある家族見た事ない!…Netflix映画シングル・オール・ザ・ウェイ(感想)

感想評価)こんなにもLGBTに理解ある家族見た事ない!…Netflix映画シングル・オール・ザ・ウェイ(感想)

ネットフリックス公式サイトのシングル・オール・ザ・ウェイの作品情報より引用

 (C)2021 Single All The Way Netflix.All Rights Reserved

 

LGBTの主人公が恋人との3角関係を得て、自分の想いをクリスマスを通して感じるラブコメディ映画。

 

色んな配慮が施されており、嫌な想いってのがほとんどない。

ブコメで、多少笑える部分もあるぞ。

 

 

 

キャスト

マイケル・ユーリー
ファイリーモン・チェンバース
キャシー・ナジミー
ルーク・マクファーレン
ジェニファー・クーリッジ
バリー・ボストウィック
ジェニファー・ロバートソン
マディソン・ブリッジス
アレクサンドラ・ビートン

あらすじ~

親友に恋人のふりをしてもらい、クリスマスに一緒に帰省することにしたピーター。だが家族がキューピッド役を買って出たことで、2人の計画と想いは思わぬ方向へ。

 

ネットフリックス公式サイトのシングル・オール・ザ・ウェイの作品紹介、解説欄より引用

 

www.youtube.com

 

原題、Single All The Way

上映時間、101分

監督

マイケルメイヤー

配給、ネットフリックス

 

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

 

 個人的評価…6/10

 

 

一文感想 ↓

全て暖かいで構成されてるクリスマス映画…まぁまぁな映画。

LGBTの主人公が恋人との3角関係を得て、自分の想いをクリスマスを通して感じるラブコメディ映画。

 

  • 主人公家族のLGBTへの理解度。
  • LGBTのお互いの思いやりと出来た人格。
  • 3角関係は、思いやりと配慮の嵐。

 

全てが全て暖かい。

嫌な想いが一切ないクリスマス映画&ラブコメ映画だった。

 

ただ、主人公家族のクリスマス行事がとてもめんどくさいのが難点笑。

 

特徴)

主人公家族のLGBTへの理解度が凄い。

LGBTたちのお互いの配慮が凄い。

ちょっとした3角関係も展開。

 

主人公家族のLGBTへの理解度が凄い。

偏見悪口が一切なく、とても暖かい世界で、観ていて気分が悪くなることは一切なかった。

LGBTたちのお互いの配慮が凄い。

LGBTたちの出来すぎてる人柄がビックリするほど眩しかったぜ。

ちょっとした3角関係も展開。

恋って難しいなぁ…そんな風に感じる3角関係でだったね。

LGBT設定、クリスマス映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 

映画.com 

レビューが溜まり次第更新していきます。

 

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

ネットフリックス製作のコメディ映画の感想はこちら)

感想評価)Netflix映画レッド・ノーティス(感想)…ライアン・レイノルズ節炸裂の強盗&トレジャーハント - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画クリスマス・キャッスル(感想)…小説家が城を買っちゃうから繋がる侯爵との恋 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画アーミー・オブ・シーブズ(感想、その他)…伝説の金庫に挑むディーターの物語 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ワニ少年アーロの冒険(感想、その他)…色んな優しさで溢れてるミュージカルアニメ映画 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ウィッシュ・ドラゴン(感想)…各シーンにジャッキーチェンらしさ全開 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画ミッチェル家とマシンの反乱(感想)…変わり者家族が世界を救う良作 - 菊飛movie

 

感想評価)Netflix映画コドモなオトナの人生レッスン(感想)…破産(嘘)で人生の厳しさを教えるつもりがまさかの展開に - 菊飛movie

他コメディ映画の感想記事は…こちら

 

 

下記詳しい感想 ↓          

主人公家族のLGBTへの理解度が凄い。

主人公の家族親戚たちのLGBTの理解度が異様に高く、本を読んで勉強したり、話す時言葉に気を使ったりと配慮が凄い。

 

大体LGBT要素を絡めた映画だと悪口言われたり、偏見で見られたりするんだが、それが一切ない。

みんな心優しい。

 

とても暖かい世界で、観ていて気分が悪くなることは一切なかった。

 

子供たちも無邪気に遊んだりしてくる。

主人公が同棲している男性が本を出版しているんだが、そのファンが主人公の親戚の子。

とっても微笑ましい笑。

 

姉?夫婦の娘たちが主人公たちを応援するという変わった感じ。

 

偏見のない暖かい世界であった…

 

 

LGBTたちのお互いの配慮が凄い。

LGBT同士の配慮も凄い。

言葉の言い回しで、「あれ?傷つけたかも」って時は、素直に平謝りする。

相手もいいよって素直にゆるしてくれる。

 

他のラブコメ、ラブストーリーだと喧嘩に発展しそうな展開でも、この映画には一切ない。

 

LGBTたちの出来すぎてる人柄がビックリするほど眩しかったぜ。

 

 

ブコメ的な感じだが、ベットシーンなどそういう類のシーンは一切ない。

綺麗なラブコメって感じだ。

 

 

ちょっとした3角関係も展開。

理解度がありすぎる主人公家族に人格が出来すぎているLGBTたちによるちょっとした3角関係がある。

 

といってもお互い配慮と譲り合いの精神で、今までにないほどの暖かい3角関係。

 

  • 主人公は、本当の想いに怖さを感じている。
  • 新恋人は、主人公に惹かれているが、親友との仲が気になる。
  • 親友は、心の底では、好きだと思っている。

 

後は主人公次第だが、色んな失恋やひどい経験を得て、奥手になっていった。

本当に好きな相手にはだ。

 

恋って難しいなぁ…そんな風に感じる3角関係でだったね。

 

裏で主人公家族総出で、主人公を応援。

この応援模様が意外と笑えた。

 

応援の仕方もそうだが、クリスマスの癖もなかなか。

個人的には、ちょっとあのクリスマスは、ダルいわぁと思ってしまう。

演技の出し物は、かなりキツい。

観ている分には可愛らしくて良いが、やりたくはないかなぁ…

 

一生で一回でいいかな…