菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)実話をもとにした最恐ホラー映画…死霊館(感想、結末、裏話)

    

実話をもとにした最恐ホラー映画…死霊館(感想、結末、裏話)

(更新日: 2020/03/01)

f:id:mt594322mt:20190907020543j:plain

映画.com死霊館の作品情報より引用

(C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

 ポスターを見ただけでも分かる良作の雰囲気。

題材になったのは、ウォーレン夫婦という実在する人物で唯一の悪魔研究家…

その悪魔研究家のウォーレン夫婦が「この事件はヤバいから封印していた」が今回のペロン一家の事件だ。

そう、実話を元に作られている衝撃度。

中身も期待通りの怖さになっています。

 

死霊館シリーズで一番怖い作品は?という記事は「死霊館」シリーズ全7作品どれが一番怖い?シリーズ全部観ての考察(考察、ネタバレあり) - 映画の部屋

 

  

キャスト

 

ロレイン・ウォーレン

ヴェラ・ファーミガ

 
エド・ウォーレン

パトリック・ウィルソン


キャロリン・ペロン

リリ・テイラー


ロジャー・ペロン

…ロン・リビングストン


アンドレア・ペロン

…シャンリー・カズウェル

 
ナンシー・ペロン

…ヘイリー・マクファーランド

 
クリスティーン・ペロン

ジョーイ・キング

 
シンディ・ペロン

マッケンジー・フォイ

 
エイプリル・ペロン

…カイラ・ディーヴァ

 
ブラッド・ハミルトン巡査

…ジョン・ブラザートン

 
ドルー

…シャノン・クック

 

ヴェラ・ファーミガは、マイレージマイライフでアカデミー賞助演女優賞にノミネートしており、他にもデンジャラス・ランエスター、ゴジラキングオブモンスターズなどに出演しています。

因みに7人兄弟の2番目らしく、元々検眼士を目指していたんだとか…

妹にタイッサ・ファーミガ…死霊館のシスターの修道女アイリーンの人がいます。

 

パトリック・ウィルソンは、オペラ座の怪人ウォッチメンパッセンジャーズインシディアスなど。

因みにジェームズワンの関わっている作品には縁があるようで、インシディアス、アクアマンに死霊館シリーズとかなり多くの作品でタッグを組んでいる。

目次へ戻る

あらすじ~

 若い夫婦と5人の娘のペロン一家は、ロードアイランド州ハリスヴィル田舎にあるいささか古いが屋敷のように広い部屋を持つ一軒家を購入した。

念願のマイホーム購入を喜ぶペロン一家であったが、入居した翌日から奇怪な現象が次々と発生するようになる。

翌朝、妻キャロリンの身体の謎の痣が生じているのだ。

嫌がって家に入ろうとしなかった愛犬セイディーが翌朝には死んでしまい、家中の時計がすべて「午前3時7分」で止まっていたのだった…

 

解説

 「ソウ」インシディアス」のジェームズ・ワン監督が実話をベースに描き、全米ではR指定ながらも興行収入1億ドルを突破する大ヒットを記録したホラー。
ウォーレン夫妻にパトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガが扮する。

 

映画.comの死霊館の作品紹介、解説欄より引用

 目次へ戻る

   

原題、The Conjuring
上映時間、112分
監督

ジェームズ・ワン
脚本

チャド・ヘイズ

ケイリー・W・ヘイズ
製作

トニー・デローザ=グランド

ピーター・サフラン

ロブ・コーワ
製作総指揮

ウォルター・ハマダ

デイヴ・ノイスタッター
配給、ワーナー・ブラザース

 

ストーリー…8/10

キャスト…6/10

 怖さランク…5/6

 

 個人的評価…8/10

 

 目次へ戻る           

f:id:mt594322mt:20190907020606j:plain

ウォーレン夫とペロン夫婦

映画.com死霊館の作品情報より引用

(C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

一文感想 ↓

実話を元に作られたからこそリアリティがある…面白い映画

 かなり面白かったですね…いい怖さも出ていて、アナベル人形のパンチも効いている。

ウォーレン夫妻という実際にいた超常現象研究家の人たちで、長年調査していた中でも「最も邪悪で恐ろしい事例」としてこれまで封印してきた1971年に体験した衝撃の事件を元に作られている。

 

全てワンシーンワンシーン事実かと言われれば、どうかは分からないが、ただこういうい恐怖体験が実際にあったというだけでもとても恐ろしいですよね…

 この映画の何が怖いかって…一人一人狙ってみたり、複数を狙ったり、悪霊が1体だけじゃなかったり…

様々な手法で恐怖を与えているんです。

2時間たっぷり恐怖を味わえる…

 

それに、話の辻褄が徐々に合うのも怖い…

話の祖語が殆どない、そりゃ実話だし。何故同じ時間に時計が止まるか、何故ひつように攻撃してくるか、何故あの地下室にいざなったか…

話がどんどん分かってきたときには、ビクビクしながら観ていること間違いなしです!

 

徐々に…一人また一人と恐怖のどん底へ…
一人一人怖がらせて来る演出は、観ているこっちもドキドキしてしまう。
 5人の娘と母親が一人一人と恐怖体験をするんですが、その恐怖体験が尋常じゃなかった…

 

たま~~~にウォーレン夫婦の日常が唯一の癒し。
ウォーレン一家のほのぼのとした日常…ジュディウォーレンとの仲睦まじい姿は、観てるこっちも和んできます。

そのほのぼの雰囲気を”アイツ”がぶち壊すんですがね笑 

 

エンドロールまでも怖かった!+α
写真の古めかしさと音楽が相まって怖い雰囲気を醸し出していました。

しかも今作の舞台であろうお家も一緒に写っているのは、実話という何よりの証拠…

 

とても怖いホラー映画を観たいという方は特にオススメだ!

 目次へ戻る

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.5

映画.com 3.6

そこまで評価は特別高いわけではないですが、ホラー映画の中では当たりの部類にはいると思っているひとが多いようです。

それと結構みんな叫んでいるみたいですね。 

 

高評価の意見としては…

 割とスッキリして後味も悪くない、シーツの小道具の使い方が秀逸、

低評価の意見としては…

 ちょっとご都合主義に感じた、

 

 目次へ戻る

 

下記詳しい感想 ↓             

f:id:mt594322mt:20190907020739j:plain

呪われたアイテムをのぞき込むロレイン

映画.com死霊館の作品情報より引用

(C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

徐々に…一人また一人と恐怖のどん底へ…

一人一人怖がらせて来る演出は、観ているこっちもドキドキしてしまう。

 5人の娘と母親が一人一人と恐怖体験をするんですが、その恐怖体験が尋常じゃなかった…

最初は、母親は信じてくれないんです。

あの娘の何で信じてくれないの??っていう感じがとてももどかしく感じましたね。

大体物理攻撃してきちゃうんですよね…

脚を握ったりとか…

詳しく話すと怖さが半減してしまうと思うので詳しくは書きません。

観ているこっちも思わず声が出ちゃいそうな怖さが体験できるでしょう!

※あんな体験絶対自分はしたくない…(´;ω;`)

 

       

 目次へ戻る    

たま~~~にウォーレン夫婦の日常が唯一の癒し。

 ウォーレン一家の平凡な日常がちょっと…ほんのちょっとだけ挟まれてます。

ジュディウォーレンとの仲睦まじい姿は、観てるこっちも和んできます。

ただ、残念ながら、そこまでこの和みがないんです。

まぁ、ホラー映画なんでそういうシーンはあんまり要らないんですがね笑

そこが唯一の癒しなんですよね…

ただ、その癒しの中にアナベル人形がでてきたりと…今後の作品の伏線とかが入っているんですよね…

アナベルさんが襲いにかかる感じは、とても面白いと思いましたね。

ファンからすると「あの人形が出てくるの!?」とさぞかし興奮したことでしょう。

うんうん、考えられて作られてますね…

 

 

 

 

 目次へ戻る    

f:id:mt594322mt:20190907020858j:plain

ロレインとクリスティー

映画.com死霊館の作品情報より引用

(C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

エンドロールまでも怖かった!+α

 エンドロール中には、実際のウォーレン一家やペロン一家の写真が公開されます。

写真の古めかしさと音楽が相まって怖い雰囲気を醸し出していました。

しかも今作の舞台であろうお家も一緒に写っているではありませんか!

こういう工夫が人気に一躍買っているんでしょうね。

実は、死霊館シリーズの中でこの1作目の死霊館が結構人気が高かったんです。

それもエンドロールまでも楽しめる…怖いという点もあるんじゃないでしょうか。

この映画観た後のその家は、なんとも不気味…ほんと不気味……

 

他にも…

かくれんぼをやっていたんですが、そのかくれんぼとっても面白そうだったんです!

鬼は目を隠して、鬼が手を叩いてというと隠れている人は手を叩かないといけない。

それは3回まで使えるみたいですね。

それで、どれだけ鬼が捕まえられるか!というちょっと変わったルールのゲーム!

面白そうですよね!

 

目次へ戻る

 

 余談、裏話…        

f:id:mt594322mt:20190907020948j:plain

悪霊について公演中のウォーレン夫婦

映画.com死霊館の作品情報より引用

(C)2013 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

 

話の途中で、死霊館のシスターのラストシーンと被るシーンがあります。

死霊館のシスターの後日談もこの映画内で知ることが出来ます!

実は、ヴァラクもチラっと出演しています。

数カット程ですがね笑

ヴァラク関連の記事は▶死霊館のシスター…90分間濃密なホラーを提供してくる!!(感想、結末、裏話) - 映画の部屋

 

死霊館のシスター2始動!?内容などまとめてみた - 映画の部屋

www.kikuhi-movie.com

 

 セイラム魔女裁判について

現在のアメリカ合衆国ニューイングランド地方のマサチューセッツ州セイラム村(現在のダンバース)で1692年3月1日に始まった一連の裁判である。

200名近い村人が魔女として告発され、19名が処刑、1名が拷問中に圧死、2人の乳児を含む5名が獄死した。

近世の魔女狩りの中で有名な事件であると考えられているようです。

 

 目次へ戻る

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 お母さんの豹変っぷりは、観てるこっちがビビってしまう…

 悪魔に乗っ取られてからのお母さんの豹変っぷりは、こちらまで手に汗を握ってみてしまいます。

 除霊中の緊迫感もかなりいいですね。

その間にも色んな怖いポイントがあったんですが、ここの部分は、エクソシストっぽい感じも楽しめます。

途中までは、邦画風のホラー感が楽しめるので、色んな怖さを体験できますね。

 

 

 目次へ戻る

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 

ペロン一家が引っ越した家、土地の歴史

ジェドソン・シャーマンという農家で彼の妻バスシーバは悪魔に忠誠を誓い、木で自殺。

その時代背景は、セイラム魔女裁判があった時代。(セイラム魔女裁判については一番下にて…)
「この土地を奪う者は呪ってやる!」と叫んでいたそう。
その後子供が行方不明、土地が分譲された後もお手伝いが自殺するなど不可解なことが多く起こった。

その悪霊(バスシーバ)は、憑りつくのは母親ばかりで、自分の子供を殺そうとするのだとか。

(実際、憑りついて憑りついた母親の子供を殺していた過去がある)

 

 

  キャロリンは、寝ている最中に悪霊に取りつかれてしまう。

最初、憑りついているとは知らず、ロレインは不思議に思う程度だった。

その後、悪霊がロレインを襲った際、首にぶら下げたペンダントの娘の写真からロレインの家の娘に悪霊が現れる。

その際、アナベル人形を外にだし、ロレインの娘を恐怖のどん底へと突き落とした。

 

このようなロレイン家でのハプニングの最中にペロン一家は、別の借りた家に一時的に避難していたが、キャロリン内にいた悪霊が姿を現し始める。

クリスティーンとエイプリルを連れ出し、どこかへ行ってしまう。

 

それを聞き付けた夫のロジャーは、急いでエドに電話すると、元の家に向かったはずだという。

エドらとロジャーは急いで、元の家へと向かうと、キャロリンが自らの娘を刺し殺す寸前だった。

なんとか取り押さえ、これから神父さんを呼んでも間に合わないことからエドが急遽悪魔祓いを開始。

壮絶な悪魔祓いの末、キャロリンから悪魔はいなくなった。

そうして、ペロン一家には平和が訪れたのだった…

 

 目次へ戻る