菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)ほん怖みたいなB級ストーリー…モルグ死霊病棟(感想、裏話)

    

ほん怖みたいなB級ストーリー…モルグ死霊病棟(感想、裏話)

 

ほん怖みたいなB級ストーリー…モルグ死霊病棟(感想、裏話)

ほん怖みたいなB級ストーリー…モルグ死霊病棟(感想、裏話)

映画.comモルグ死霊病棟の作品情報より引用

 (C)2019 At Entertainment.All Rights Reserved

ストーリーのイメージは、ほんとにあった怖い話みたいな感じ。

B級映画ながら、ホラー演出はかなり工夫をからしているように思えた。

パラグアイのスリラー映画で、尺も短め。

サクッとホラー映画を楽しみたい人向け。

 

 

キャスト

ウィリ・ビジャルバ
マリア・デル・マル・フェルナンデス

あらすじ~

電話しながら運転していた警備員ディエゴは、誤って人を轢いてしまう。

動転して思わずその場から逃げ出し、自宅に戻るも気持ちが落ち着かない。

その夜、ディエゴは臨時の仕事で、ある病院の夜警を担当することに。

それは深夜の病棟を見回るだけの簡単な仕事のはずだった。やがて廊下から聞こえる物音や監視モニターに映る何かが気になり確かめに行ったディエゴは、死体安置所にたどり着く。

そこで彼は、正気を失うほどの恐怖を体験する

 

映画.comのモルグ死霊病棟の作品紹介、解説欄より引用

 

解説

深夜の病棟で想像を絶する恐怖に直面した警備員の運命を描いたパラグアイ製スリラー。

ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020 延長戦」上映作品。

 

映画.comのモルグ死霊病棟の作品紹介、解説欄より引用

 


Morgue (Pelicula Paraguaya) Completo

原題、Morgue

上映時間、81分

監督
ウーゴ・カルドゾ
脚本
ウーゴ・カルドゾ
撮影
ブラス・ゲレーロ

配給、アットエンタテインメント

 

 

 目次へ戻る

 

ストーリー…6/10

キャスト…5/10

怖さランク…3/6

 個人的評価…7/10

 

  目次へ戻る     

     

一文感想 ↓

低予算ながらもかなり良く出来てる…面白い映画。

前半部分のホラー演出はとても好みな作品。

B級映画的な予算はかかっていない。

だがそこが良くて、古典的でゾクッとするようなホラー演出なんだ。

変に3Dとか使われるよりよっぽど良い。

 

この作品のストーリーは、イメージ「ほんとにあった怖い話」略称ほん怖っぽいストーリーで、意外と日本人好みな気がする。

伏線も回収してるし、嫌いじゃないぞ!こういうの。

終盤の演出が怖さ的に盛り下がったのが少々残念。

B級としては十分楽しめた。

ホラー演出は、かなり怖かった。

深夜の病院で死体とかがあるってシチュエーションは、かなりホラー向き。 

色んな謎も最後の伏線に繋がる構成。

あの死体の正体から途中の下りまで色々と最後のオチの伏線となっており、ストーリー的にも良かった。

バチが当たるぞってことだね笑と思いつつ、夜勤仕事したくなくなるなぁ。

完全に主人公が悪いんだけどさ、その後の展開がイメージほん怖みたいな展開なんだよね。

B級ホラー映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 2.4

映画.com 2.2

ストーリーやホラー演出等B級にしては、出来ていると高評価の意見も多い。

だが、逆にストーリーが陳腐とか怖くないっていう人もいる。

あんまり評価が高くなかった理由は、高評価の人も3台前半が殆どだから。

 

高評価の意見としては…

 

低評価の意見としては…

 

 

 

 

 

下記詳しい感想 ↓          

ホラー演出は、かなり怖かった。

深夜の病院で死体とかがあるってシチュエーションは、かなりホラー向き。 

基本物語は、深夜で最初のホラー演出からゾクッとするんだ。

最近のハイテク機を使ったホラー演出を使っていたりしており、個人的にはビクッとした。

徐々に怖がらせていく演出で、物語の中盤あたりが怖さのピーク。

死体安置所に閉じ込められてしまい、密室空間で何かに襲われる感じは、かなり怖かった。

正統派な怖さだったね。

骨のある怖いホラー映画を観たいって人にうってつけだ。

 

終盤の展開は、「おそらくこういう解釈なんだろうなぁ」って部分が多く、フワっとした内容になってしまっている。

一部演出も路線を変えたような感じで、観ていて新鮮であったが、少々説明不足感が強かったなぁ…

 

色んな謎も最後の伏線に繋がる構成。

あの死体の正体から途中の下りまで色々と最後のオチの伏線となっており、ストーリー的にも良かった。

意外とB級映画だとツッコミどころが多かったりしたり、ホラー映画なのにあんまり怖くなかったりすることがあるけど、この映画は違ったね。

十分怖かったし、ストーリーも良かった。

あんまり期待していなかった分、予想以上に面白かったぞ。

 

バチが当たるぞってことだね笑と思いつつ、夜勤仕事したくなくなるなぁ。

とある理由で主人公が付け狙われる。

完全に主人公が悪いんだけどさ、その後の展開がイメージほん怖みたいな展開なんだよね。

明らかに何者かによる仕事の依頼から警備員の他愛もない身の上話と引き継ぎ。

もう完全にあれだよね笑

バチ当たってるよね

その後の展開もしこたま怖がらせていた。

みんな、悪い事したら、バチがあたるぞ!

 

ちょっと筆者のことについて話すと自分夜勤の仕事をしているんだ。

この映画も夜勤をしている警備員。

うん、こんなの観たら、夜勤できなくなっちゃうよね笑

だって、テレビ電話してたらあんなことになっちゃうんだぜ?

写真撮ったら、あんな感じになっちゃうんだぜ?

他にもしこたま怖い演出が待っている。

あれを夜勤してる最中に起こるとかマジ地獄でしかないわ。

まぁ、主人公が悪いんだけどね。

夜勤勢…特に病院勤務の人は、トラウマ必須ですわ。

 

 

 余談、裏話…

実話って話なんだが、情報が全くない。

なので、どこまでが実話かどうかが判断出来ない。

内容としては、ひき逃げしたらバチが当たったって内容だから、良くありそうな話。