菊飛movie

映画の感想記事に加え、考察記事やネットフリックス関連、3DCG関連のブログです

感想評価)コメディ8割アクションの笑える映画…アザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事!(感想、結末)

    

コメディ8割アクションの笑える映画…アザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事!

 

f:id:mt594322mt:20200102145707j:plain

映画.comアザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事!の作品情報より引用

 (C)2010 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

 

 

 

アクション映画でのオススメレビュー記事)

感想評価)Netflix映画シャフト(感想、結末)…笑いありのサミュエルLジャクソン主演映画続編作品! - 映画の部屋

 

ジョンウィッグパラベラム…平和を望むならば戦いに備えよ - 映画の部屋

 

レッドブロンクス…全米興行収入初登場1位!(アジア映画初快挙)ジャッキーチェンブームが巻き起こった作品!(感想、結末、裏話) - 映画の部屋

 

感想評価)ドニーイェンのキッレキッレアクション炸裂!…ドラゴン危機一髪97(感想、結末、裏話) - 映画の部屋

 

感想評価)イップマンの最大のライバルが主人公だ!!…イップマン外伝マスターZ(感想、結末、裏話) - 映画の部屋

 

 

キャスト

 

ウィル・フェレル

 

 

マーク・ウォールバーグ

 

 

エヴァ・メンデス

 

 

マイケル・キートン

 

 

サミュエル・L・ジャクソン

 

 

ドウェイン・ジョンソン

 

あらすじ~

 現場では働かずデスクワークばかりのアレン(フェレル)と、過去の失敗を引きずっているテリー(ウォールバーグ)の2人が、NY市警の人気黒人コンビに憧れて、難事件の解決に挑むことになるが…

 

 

解説

ウィル・フェレルマーク・ウォールバーグニューヨーク市警の刑事に扮したアクション・コメディ。
共演にエバ・メンデス、サミュエル・L・ジャクソンドウェイン・ジョンソン。監督は「俺たちニュースキャスター」のアダム・マッケイ。

映画.comのアザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事!作品紹介、解説欄より引用

 

ストーリー…7/10

キャスト…9/10

アクション迫力度…4/6 

 

 

 個人的評価…8/10

 

 

      

     

 

f:id:mt594322mt:20200102145720j:plain

映画.comアザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事!の作品情報より引用

 (C)2010 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

一文感想 ↓

8割コメディ、2割アクションの豪華キャストが贈るクライム?コメディアクション笑面白い映画。

 自分は、結構笑えた作品で、冒頭まさかのドウェイン・ジョンソン&サミュエルLジャクソンでテンション爆上がりしましたね。

 

コメディメッチャ笑えた。

8割方コメディで構成されており、ツッコミどころがかなり多い笑

下品な下ネタから謎の例えとたまに全く笑えないジョークが来たかとおもえば、めっちゃツボるジョークまでまぁ両極端。

あと…マーティン&フォッシー刑事が腹立つ!

 

アレンとテリー刑事コンビ

 一見アレンがツッコミ役かと思えば、アレンもそこそこボケ役に回る、お互いツッコミもボケもできる芸人 じゃなくて刑事。

たまに下ネタが混ざっているので注意!

 

アクションにびっくりする程金掛けてる!

 最初、カーアクションのド派手っぷりは、コメディ映画ということを忘れさせる程のド派手さ。

 そうそう、冒頭にでてくる凄腕刑事コンビはなんと、ドウェインジョンソンとサミュエルLジャクソン!

この2人のぶっ飛んだアクションは、観ていてスカッとすること間違いなし!

 

 

笑えるコメディ映画を観たい、アクションコメディ映画を観たいという方は特にオススメだ!

 

 

 

他の人のレビューだと…

フィルマークス 3.4

映画.com 3.2

普通といった評価でしょうか。

主にコメディがハマった人は高評価、ハマらなかった人は低評価のどちらかが殆どでした。

 

高評価の意見としては…

プリウスネタなどコメディ要素が面白かった、これくらいアホな映画がちょうどいい(褒めている)など笑い要素の所が良かったという意見が多かったです。 

 

低評価の意見としては…

 コメディ要素が全く笑えなく、アメリカンジョークは日本には合わないという意見が多かったです。

 

 

 

下記詳しい感想 ↓     

コメディメッチャ笑えた。

個人的にツボに入った。

8割方コメディで構成されており、ツッコミどころがかなり多い笑

下品な下ネタから謎の例えとたまに全く笑えないジョークが来たかとおもえば、めっちゃツボるジョークまでまぁ両極端。

個人的にトヨタプリウスネタが最高にウケた!

プリウスのディスりかたよ。

どんだけプリウス嫌いなの??っていうほど終始ディスりまくっていた。

特にテリーホイツ刑事のプリウスを見た時の一言が女の……って!?

下ネタ過ぎて、…で濁しました笑

その他にも面白い箇所は、沢山ありますが…それは観てのお楽しみで。

 

マーティン&フォッシー刑事が腹立つ!

何かに付けてアレンとテリー刑事コンビをイビリいじめているのだ。

まぁ、マーティンは気にしてないみたいですがね笑

マーティンとフォシー刑事も大した仕事してないじゃあないか!と思いつつ終始見ていました…

 

真面目なキャラからめちゃくちゃコメディ風まで両極端な役をやる事が多いマークウォールバーグさんやドウェインジョンソンなど個人的に好きな俳優ばかり。

ドウェインジョンソンの役に至っては、ちょい役もいいところ笑

もっと出演してくれるのかと思ったら、開始10分くらいでもうでてこないとか残念だったなぁ…

アクションもあまり無かったのも残念…

 

 

        

     

 

アレンとテリー刑事コンビ 

デスクワーク大好きなアレンと外で大活躍したい頭がちょ〜っと弱いテリーのデコボココンビ。

一見アレンがツッコミ役かと思えば、アレンもそこそこボケ役に回る、お互いツッコミもボケもできる芸人 じゃなくて刑事。

特にこの映画のテリー刑事がツボなんですよね。

みんなもあると思う…無性にツボにはいる映画だったり、キャラクター。

自分は、このテリーなんですよね。

上記で書いたプリウスネタなど声に出して笑ってしまう程。

ただ、注意してもらいたいのが、多少下ネタが混ざっていること。

ルディレイムーアほどではないにしろ、たまに下ネタが混じっています。

 

そんな笑えるコンビなんですが、一つもの凄い羨ましい能力が…。

アレンの何故か美女にモテる能力!

羨ましい…

 

 

 

   

f:id:mt594322mt:20200102145735j:plain


  

映画.comアザーガイズ俺たち踊るハイパー刑事!の作品情報より引用

 (C)2010 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

アクションにびっくりする程金かけてる!?

観ていて、感じたのがこれなんです。

最初、カーアクションのド派手っぷりは、コメディ映画ということを忘れさせる程のド派手さ。

そして、ぶっ飛んでる!

ついつい笑いながら、観てしまいましたね笑

途中にも爆破シーンや派手なアクションシーン、街中のカーチェイスシーンとあれ?メッチャ金かかってるやん!!と興奮してしまうほど。

自分としては、派手なカーチェイスにドンパチしたり、ぶっ飛んでるアクションは好物なので、とても嬉しかったですね。

 

そうそう、冒頭にでてくる凄腕刑事コンビはなんと、ドウェインジョンソンとサミュエルLジャクソン!

え?ちょっと豪華すぎやしないですかね??

そんな2人の相棒姿をもっと長く観ていたかった…

なかなかこの2人の共演…ましてや相棒役なんてみれませんよ!?

あー悔やまれる…(本日2回目)

 

 

 

 
 

  

 

ネタバレ感想

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

ハイスミスとダンソン刑事が冒頭10分程で死んでしまうの悲しすぎる!

ハイスミスことサミュエルLジャクソンとダンソンことドウェインジョンソンの凄腕刑事コンビ。

なんなら、最初ハイスミスがサミュエルさんだと分からなくて、途中気づいたレベルでした。

だってずっとグラサンかけてるから…笑

そんな2人の刑事が後半も大活躍してくれるんだろうなぁと期待したら、まさかの早々に死んでしまう。

しかも死に方が謎すぎた…

いつもの定番のアレをやると言って飛び降りたが、下はコンクリートでビルの数十階から飛び降りたら、そりゃ死んでしまいますわ笑

あっさり死んでしまった…

 

 

プリウスの風当たりが強い件について

最初は、盗まれることから始まった。

靴も何故か一緒に取られ、数日後帰ってきたプリウスは、ホームレスのらんこ◯パーティに使われて帰ってきた。

いや、まずホームレスそんなかねあるんかい!っていうツッコミは無しだ。

後部座席のドアも無くなり、はたまた銃弾の雨を浴びて、またホームレスにパクられる…

いや、プリウスの扱い酷すぎやしませんか笑

銃弾をあんだけあびても動いてるプリウスさん流石っす!じゃなくて、ボッコボッコにされるわ、マークウォールバーグや他の刑事には酷い言われようだし…

この映画の監督アダムマッケイは、プリウスに何かの恨みがあるに違いない笑

 

 

夫婦の下の話を母親伝いで言うのなかなかしんどいと思う。 

終盤アレンが家に帰り、奥さんに愛のメッセージを無駄に長くやり取りするシーン。

何故か奥さんのお母さんを使って、会話するんですが、普通あんな下の話を相手のお母さんに話せないわぁ…

そんなことを想像してました。

  

 

結末~

下記の[表示]内に隠しております。

 

 

 登場人物と簡単な説明

アレンギャンブル刑事(美人の奥さんがいるテリーの相棒)

テリーホイツ刑事(派手に活躍する刑事に憧れるが、交通誘導仕事にやりがいを感じてしまったアレンの相棒)

デヴィッドアーション(大物投資家で、数百億ドルの大損したから、補填に躍起になってる)

ファネラ(アーションに投資?した会社の人)

 

NY市警の年金がカモとして狙われている。

アレンとホイツは、独自で捜査をやっているうちに判事等の圧力が加わり、刑事から外された。

テリーは、交通誘導としてやりがいを感じてる中、アレンは、捜査を続けNY市警の年金が狙われていることに気付いた。

そして、アレンはテリーに会い、事情を説明し、アーションを連れ出し(殺されそうになってた)、壮絶なカーチェイス、銃撃戦を経て、NY市警の年金を死守することに成功したのであった…